企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セルフコンパッション セルフ・コンパッション

「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティブな思考や感情を無理に矯正するのではなく、自分のありのままの状態を受け入れる姿勢が推奨されました。(2019/5/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セルフ・コンパッションのケーススタディ

セルフ・コンパッションとは
自分を甘やかすことではなく、自分と向き合うこと

「あるがままの自分を受け入れる」とは、どういうことなのでしょうか。クリスティーン・ネフ氏は、セルフ・コンパッションは次の三つの要素から構成されているといいます。一つ目の要素は、「自分へのやさしさ」です。責任感が強い人や克己心のある人は、自分に厳しく接することで良い結果を目指しますが、セルフ・コンパッションにおいては逆。他人にやさしく接するように、自分自身にも思いやりを発揮することが大切なのです。

二つ目は「生かされている」という感覚。自分の行動はすべて自分の意思の結果であるという考え方ではなく、自分は周囲の人間関係の中に生きていて、コントロールできないこともあると理解することが大切です。それにより、「誰もが時には失敗する」ことが受け入れられるようになります。

三つ目は「マインドフルネス」。現状にイライラしたり、不安な気持ちに捉われながら行動したりするのではなく、まず今の自分の感情や思考に気づく態度が必要です。そして重要なのが、その気付きに対して評価をしないこと。たとえマインドフルネスを通して認知した今の思考がネガティブなものだったとしても、評価したり歪曲しようとしたりせず、ただ認知して受け入れることが、セルフ・コンパッションの鍵となります。

セルフ・コンパッションには、どのようなメリットがあるのでしょうか。大きな効果として、他者からの評価に左右されず、自己肯定感を保ち続けられるようになることが挙げられます。例えば、ミスや失態を犯して誰かからネガティブな評価をされたとき、自己肯定感が低い人は自分の存在そのものを否定し、責めてしまう傾向があります。しかし、セルフ・コンパッションを持っていれば、自分の今の状態を受け入れ、すばやく改善に向けた行動に移ることができるのです。

また、セルフ・コンパッションが低く自尊心が高い人は、他者からのポジティブな評価に依存している側面があるため、ネガティブな評価に対して過剰に自己防衛してしまいます。セルフ・コンパッションとは、自分を甘やかすことではなく、自分と向き合うことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
小杉俊哉さん 今こそ求められる「キャリア自律」、その実現のために人事は何をすべきか?
昨今の不況下、コスト削減のためにキャリア自律研修を控える企業も多いようですが、中長期的な視点で考えれば、今こそキャリア自律に関する明確な施策を打ち出すことが、必要なのではないでしょうか。これまで数々の企業の人事責任者を歴任、また、大学ではキャリア自律を研究テー...
2010/02/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
コンピテンシー評価について
コンピテンシー評価において、「自己評価」をするかしないか悩んでおります。 コンピテンシーは抽象的な評価項目が多い為、自己評価を入れると個人の性格によってブレてしまうのではと考えています。 この点について、アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。
賃金台帳について
社員から自分自身の過去支払われた賃金を月ベースで見せてほしいという要求がありました。当然要求に答えるべきですか?よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...