無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エービーダブリュー ABW

「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、ABWの実現に向けて「オフィスのあり方」を再定義する企業も増えており、業務に応じたオフィスデザインの工夫も進んでいます。

ABWのケーススタディ

オフィスに来なくても働ける中で
あらためて考える「オフィスのあり方」

「会社に行かなければ仕事ができない」時代が終わりつつあります。ノートPCやスマホ、タブレットなどが普及し、だれでも簡単にネットワーク上でつながれるようになったことで、同じ空間にいなくても一緒に業務を行ったり、会議に参加したりすることができるようになったからです。

こうした仕組みを活用し、近年では、自宅やカフェなどでリモートワークを行う人も増えています。その日の予定や業務内容に応じて最も効率よく働ける環境を選択することで、生産性の向上も期待できるでしょう。働き方改革に多くの企業が取り組む中で、こうしたABWの考え方が注目されています。

企業がABWを導入することで得られるメリットは、生産性向上に限りません。例えば、コスト削減。出社して働く従業員が少ない企業では、一人ひとりに固定席を与える必要がありません。フリーアドレス制を導入して席数を減らせば、オフィス面積を縮小し、家賃を抑えることもできるでしょう。また、自由な働き方を認めることで、社外に向けたPR効果も期待できます。他社と差別化ができれば、その企業で働きたいと感じる人が増え、優秀な人材の採用にもつながるかもしれません。

ABWを、オフィス内で実現しようという動きも進んでいます。業務の内容に合わせて、通常の執務デスク以外にスペースや机を選択できる企業が増えているのです。例えば、より作業に集中して取り組める個人ブースや、アイデアを出し合う際にリラックスできるソファのある打ち合わせスペース、気軽にコミュニケーションをとれるラウンジや、テレビ電話ミーティングができるスペースなど。目的に応じて利用できる複数のスペースを用意し、場面によって使い分けることで、オフィス内でもより効率的に働けるようになります。


どこでも働けるようになる中で、オフィスには単に「働く場所」としてではない、新たな価値が求められています。自社のオフィスには何が必要なのか。どういった機能が求められているのか。単純に他社をまねるだけではなく、従業員の業務をしっかり分析しながら、要望を吸い上げていくことが、企業には求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード