企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2018 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

組織変革のプロフェッショナル集団株式会社新経営サービス 人事戦略研究所

カブシキカイシャシンケイエイサービス ジンジセンリャクケンキュウショ

http://jinji.jp/

〒600-8102 京都府京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830京都EHビル6階
対応エリア:全国、代表者名:田須美 弘、従業員数:32名、資本金:9,600万円

人事制度 女性活躍推進人事制度コンサルティング

女性活躍推進にこれから取組み始める中堅・中小企業に対して、基本的な人事制度(仕事と家庭の両立支援策)の構築を支援します。

解決できる課題:ワークスタイル・時短女性活躍推進ダイバーシティ&インクルージョン推進

このサービスのポイント

人事制度の構築から運用までの支援
基本的な人事制度(育児・介護休業制度、短時間勤務制度)の構築に加えて、実際の運用に役立つツール(社内申請書、社内ガイドブック)の作成についても支援。
1から始める中堅・中小企業に最適
女性活躍推進の取組みをこれから本格的に始めようとする中堅・中小企業に対して、会社の実態に沿った制度構築を短期間で支援。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人
対応エリア 全国
費用 「詳細はお問合せください。(一例)支援月数×30万円~)」
導入社数 導入社数非公開
サービス形態コンサルティング
対応分野配置・異動・昇進管理等級制度賃金制度評価制度目標管理制度

サービス詳細

女性活躍推進の取組みを始める中堅・中小企業に対して、基本人事制度の構築をサポート

 女性活躍推進の取組みには様々なアプローチがありえます。大手企業のような総合的な施策をはじめから取り入れる例もありますが、十分に運用できていない企業が多いのが実態です。
 1から女性活躍推進の取組みを始める中堅・中小企業であれば、まずは下記のような女性活躍推進の「土台」となる基本的な人事制度の枠組み(いわゆる「仕事と家庭の両立支援策」)を整えることで、「結婚・出産、育児、介護」等のライフイベントを直接的な理由とした(完全)退職の防止に繋げることができます。

<女性活躍推進に繋がる基本的な人事制度の構築例(仕事と家庭の両立支援策)>

【1】制度構築支援例
①休業(育児・介護による休業期間の設定方法、休業期間中の評価・賃金の決定方法)
②短時間勤務(育児・介護による短時間勤務適用期間の設定方法、短時間勤務中の賃金・評価の決定方法)
③カムバック制度 (再就職支援:カムバック制度適用条件の設定方法)
④地域限定勤務制度(地域限定勤務制度適用条件の設定方法、既存人事制度における昇進昇格運用との連動)

【2】制度運用支援例
①諸規程の作成・改定アドバイス
②申請書(社内フォーマット類)の作成・改定アドバイス
③社内周知のための運用ガイドライン、社内説明用ガイドブックの作成

導入フロー

日程・トピックス 内容
サービスフロー
女性活躍推進人事制度コンサルティングの流れ
【フェーズ1:現状分析、方針及び施策の検討】
お預かりした社内データ及び実態のヒアリング等を通じて重要課題を抽出し、取組み施策を決定(必要に応じて社内アンケート実施)。制度設計に関する方針を検討し、プロジェクトメンバーで共有化。

【フェーズ2:人事制度の構築】
人事諸制度の構築、各種資料の整備など、必要な諸規定の改定(課題によって取り組み内容は異なります)。

【フェーズ3:運用)
新制度に関する社員説明会の代行実施、残された課題抽出など、スムーズな運用開始に向けたフォローの実施。

サービス資料を無料ダウンロード