無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ジェネレーションゼット ジェネレーションZ(Z世代)

「ジェネレーションZ(Z世代)」とは、1990年半ばから2010年頃までに生まれた世代のことを指します。由来となったのはアメリカの作家ダグラス・クープランドによる書籍『ジェネレーションX ―加速された文化のための物語たち』。本書の中で、60~70年代前半に生まれた世代はジェネレーションXと名付けられました。続いて80~90年代前半生まれは「ジェネレーションY」、90年代後半以降の世代は「ジェネレーションZ」と呼ぶようになったのです。デジタルネイティブで、独自の価値観を持つことが「ジェネレーションZ」の特徴とされており、新たなマーケティング対象として注目されています。

ジェネレーションZ(Z世代)のケーススタディ

ITリテラシーが高く、社会課題へも敏感。
これから入社してくる「Z世代」の価値観とは?

1987年から2004年ごろに生まれた層は「ゆとり世代」といわれます。また近年は、1980年代から2000年代初頭に生まれた人たちを指す「ミレニアル世代」という言葉も広く知られるようになりました。その次なる世代が、「ジェネレーションZ」です。

ポスト・ミレニアル世代とも呼ばれるジェネレーションZは、ミレニアル世代より一層強く、平成の出来事に影響を受けています。具体的にどのような環境の中で育ち、どんな特徴があるのでしょうか。

2000年生まれのミレニアムベイビーが小学校に入学したのは2007年。初代iPhoneが日本で発売されたのは2007年6月なので、ジェネレーションZにとってインターネットはもちろん、スマートフォンも幼少期から当たり前に存在していたことになります。こうしたデジタルツールに囲まれて育ったことが、彼らの価値観に大きく影響しています。

スマートフォンの普及と共に存在感を増してきたのが、SNSです。ジェネレーションZはSNSでのコミュニケーションを通して、多様な価値観に触れながら育ってきました。そのため、親世代と比較しても人種や性別、セクシュアリティなどへの偏見を持たず、自分とは異なった存在として割り切って受け入れる傾向があります。

スマートフォンやパソコンを幼いころから使いこなしてきたことで、デジタルが人に及ぼす悪影響も理解しています。個人情報の漏えいやSNSでの炎上問題など、ITリテラシーを自然と身に着けているところも特徴の一つです。

また、「ゆとり世代」や「ミレニアル世代」にも当てはまりますが、安定志向の強さも特徴といえるでしょう。2008年にリーマン・ショックが起きてから、ニュースでは連日不況が伝えられ、ジェネレーションZは保護者が苦労している姿を目の当たりにしてきました。そのため安全・安心を求めるリスク回避志向が強く、職業選択においても「安定」が大きなキーワードとなっているようです。

ブランド志向が強く、ものを消費することで承認欲求を満たしてきた親世代とは異なり、ジェネレーションZはSNSで簡単に承認欲求が満たされてしまう時代を生きてきました。そのため、ブランドではなく本質的なものに価値を置き、社会のために何ができるかを考える人たちが多い傾向にあります。そんなジェネレーションZが、今後社会でどのように活躍していくのかが注目されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード