企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パワーカップル パワーカップル

「パワーカップル」とは、双方ともにフルタイムで働き、高い所得を得ている夫婦のこと。2013年に出版された『夫婦格差社会 ―二極化する結婚の形』(橘木俊詔・迫田さやか著、中央公論新社)の中でパワーカップルという言葉が使われたことで、広く知られるようになりました。パワーカップルの明確な定義はありませんが、年収700万円、世帯年収1,400万円以上の共働き夫婦を呼ぶことが多いようです。時短を売りにした最新家電や家事代行サービスなどを活用する人も多く、経済を活性化させる存在として注目されています。

パワーカップルのケーススタディ

「時間を買う」サービスが次々誕生
ライフスタイルの変化が購買市場に新たな風を

DINKS(Double Income No Kids)という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。意識的に子どもを作らない共働き夫婦のことを指し、1980年代のバブル期に大きく増加。その後も首都圏を中心に緩やかに増え続けています。パワーカップルは、DINKSも子どものいる家庭も含みますが、労働力調査によると、年収700万円以上の共働き世帯の割合は1.8%となっています。

パワーカップルが注目されるようになったのは、結婚後仕事を辞めて夫の扶養に入るという、従来の価値観が大きく変わってきたから。1997年の男女雇用機会均等法改正など、社会が女性の活躍を後押ししたことで、割合は他の先進国より低いとはいえ、女性が企業の中で重要なポジションに就くことも珍しくなくなりました。

パワーカップルは、どのような生活を送っているのでしょうか。夫婦ともにフルタイムで働くケースが多いため、互いに残業やビジネスディナーで帰宅時間が遅くなることもあるかもしれません。時間がない中で効率的に家事や育児を行うために、昨今では時短や省エネを実現するさまざまなサービスが誕生しています。

例えばベアーズにCaSy、タスカジなど、ここ数年盛り上がりを見せている家事代行サービス。UberEATSなどのデリバリーサービスを利用すれば、料理をする時間や手間を省くことができます。食器洗浄機やドラム式洗濯乾燥機も、時短に大きく貢献します。近年では通勤に時間がかからない都心部に、パワーカップルを購買ターゲットにした高額不動産物件が登場し、夫婦二人でくめる住宅ローンも作られています。ライフスタイルの変化が購買市場に影響を与え、新たなニーズを生み出しているのです。

「時間をお金で買う」といった考え方は、まさに現代を象徴したような価値観。今後もパワーカップルのような新たな層をターゲットにした商品開発が続くことが予想されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

B to E
「B to E」とは、Business to Employeeの略で、企業の従業員(Employee)向けに提供されるサービスのことです。企業間取引を指すB to B(Business to Business)や企業と一般消費者との取引であるB to C(Business to Consumer)な...
時短切れ
「時短切れ」とは、企業が規定する時短勤務の適応期間が過ぎてしまい、それ以上制度を利用することができなくなる状態のことをいいます。企業によっては「小学校入学まで」などといった独自の緩和条件を設定しているところもありますが、国が定める「改正育児・介護休業法」では、「3歳未満の子を育てていること」が「時短...
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...

関連する記事

いい「人事支援サービス」はここを見て選べ! 現役人事部・人事支援サービス会社に聞く
自社の人事課題を外部サービスの力を借りて解決しようというとき、そのサービス会社を選択する基本的なポイントとは何でしょうか? 人事支援サービスの近未来を予想しつつ、リポートします。
2004/11/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
時短勤務者の残業時間
育休を取っていた方が時短で復帰しまして、休憩1時間を含め1日7時間勤務となりました。 ただ、時間通りにあがることはほぼほぼ難しく、毎日30分~1時間ほどの残業をしているようです。 弊社の残業についての規則は、給与に一定の見込み残業代が含まれていて、 1ヶ月20時間を越える残業があった場合のみ、20...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

テレワークに最適なWEBツール oVice 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。