無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】パワーカップル パワーカップル

「パワーカップル」とは、双方ともにフルタイムで働き、高い所得を得ている夫婦のこと。2013年に出版された『夫婦格差社会 ―二極化する結婚の形』(橘木俊詔・迫田さやか著、中央公論新社)の中でパワーカップルという言葉が使われたことで、広く知られるようになりました。パワーカップルの明確な定義はありませんが、年収700万円、世帯年収1,400万円以上の共働き夫婦を呼ぶことが多いようです。時短を売りにした最新家電や家事代行サービスなどを活用する人も多く、経済を活性化させる存在として注目されています。

パワーカップルのケーススタディ

「時間を買う」サービスが次々誕生
ライフスタイルの変化が購買市場に新たな風を

DINKS(Double Income No Kids)という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。意識的に子どもを作らない共働き夫婦のことを指し、1980年代のバブル期に大きく増加。その後も首都圏を中心に緩やかに増え続けています。パワーカップルは、DINKSも子どものいる家庭も含みますが、労働力調査によると、年収700万円以上の共働き世帯の割合は1.8%となっています。

パワーカップルが注目されるようになったのは、結婚後仕事を辞めて夫の扶養に入るという、従来の価値観が大きく変わってきたから。1997年の男女雇用機会均等法改正など、社会が女性の活躍を後押ししたことで、割合は他の先進国より低いとはいえ、女性が企業の中で重要なポジションに就くことも珍しくなくなりました。

パワーカップルは、どのような生活を送っているのでしょうか。夫婦ともにフルタイムで働くケースが多いため、互いに残業やビジネスディナーで帰宅時間が遅くなることもあるかもしれません。時間がない中で効率的に家事や育児を行うために、昨今では時短や省エネを実現するさまざまなサービスが誕生しています。

例えばベアーズにCaSy、タスカジなど、ここ数年盛り上がりを見せている家事代行サービス。UberEATSなどのデリバリーサービスを利用すれば、料理をする時間や手間を省くことができます。食器洗浄機やドラム式洗濯乾燥機も、時短に大きく貢献します。近年では通勤に時間がかからない都心部に、パワーカップルを購買ターゲットにした高額不動産物件が登場し、夫婦二人でくめる住宅ローンも作られています。ライフスタイルの変化が購買市場に影響を与え、新たなニーズを生み出しているのです。

「時間をお金で買う」といった考え方は、まさに現代を象徴したような価値観。今後もパワーカップルのような新たな層をターゲットにした商品開発が続くことが予想されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード