無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】データヘルス データヘルス

「データヘルス」とは、特定検診制度やレセプト(診療報酬明細書)の電子化によってデジタル化されたビッグデータを分析し、健康増進や病気の予防に活用しようとする取り組みのことをいいます。政府が推し進める「日本再興戦略」の重要施策の一つに“国民の健康寿命の延伸”があります。データを活用して健康寿命を延ばすことにより、増大する医療費の抑止が期待されています。
(2018/5/28掲載)

データヘルスのケーススタディ

“医療のビッグデータ”から何が分かる?
迫りくる超高齢社会。医療費増大の是正なるか

2015年度から、厚生労働省はすべての健康保険組合に対し、「データヘルス計画」の策定と実施を求めました。現在、総人口に占める65歳以上の人口の割合は、およそ四人に一人。それが2025年になる頃には段階が一つ進み、およそ三人に一人になると予想されています。そうなると、膨大な医療費が社会保障制度を逼迫する状況は不可避です。健康な高齢者を増やすことによって未来の医療費を抑止しようと、民間企業や医療施設を巻き込んだ対策が求められているのです。

その狙いは、健康寿命を延伸するため、やみくもに事業を実施するのではなく、データを活用して科学的にアプローチをすることで事業の実効性を高めていくこと。政府発行のガイドラインによると、健保組合にはPDCAサイクルに沿った運用が求められています。

では、「データヘルス計画」に使用される“医療のビッグデータ”からは何が分かるのでしょうか。保険者が抱える健康課題は、加入者の数や年齢、性別、地域によって特色があります。それらをデータによってひも解いていくことにより、保険者は根拠に基づいて課題を洗い出し、効果の高い対策を講じることが可能になりました。例えば、健診結果からメタボ予備軍とされた人に対し、WEBによる「ポピュレーションアプローチ(まだハイリスクではない集団に働きかけることで、集団全体がリスクを軽減できること)」を行えば、マンパワーをかけずに継続的な指導を行うことができ、有用性が高いと考えられます。

まずは、個人が現在の健康状態を正しく把握し、未来に起こりうるリスクを理解することで予防につなげていくことが大切です。IoTといったテクノロジー機器の手伝いも借りながら、個人の健康状態を可視化できるよう、各社の取り組みは続いています。

「健康経営」への関心が高まっている昨今では、企業と保険者が連携をはかる「コラボヘルス」の強化も進んでいます。ただし、2015年度からのPDCAが一巡したことで、保険者の規模の違いや財政状況の差によって、なかなかデータを活用できない例が少なくないことも分かってきています。取り組みを形骸化させないためにも、1巡目の「Check」「Action」をもとに、次のPDCAに向き合う必要があります。

まだ緒に就いたばかりのデータヘルス。医療費増大の抑止力になってくれるでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード