企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウチュウボーナス 集中ボーナス

「集中ボーナス」とは、物事に取り組める時間の欠乏が、かえって集中力を高める効果のことをいいます。行動経済学者のセンディル・ムッライナタンとエルダー・シャフィールによる共著『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』(早川書房)の中で論じられました。1ヵ月先が締切のタスクより、1時間後が締切のタスクの方が集中力が発揮される。つまり、時間のない状態が集中力の向上に効果的である、と説いた論考です。
(2018/3/22掲載)

集中ボーナスのケーススタディ

集中ボーナスは一時的なドーピング
トンネリング状態に陥らないよう注意が必要

締切の決まっている仕事を引き受けたとき、質の高い成果を上げるため、あなたはどのように取り組みますか。タスクを細分化し、アクションリストに落とし込んで計画通りに実行する――。それが理想的な仕事の進め方だと誰もが理解していますが、実際にはそううまくいくことばかりではありません。

前述の書籍では、質の高いアウトプットをするための解の一つに「締切直前まで何もしない」という方法を紹介しています。時間の欠乏からくる精神的プレッシャーから、人は自然と作業に集中することができるようになります。そのため、普段とは違ったパフォーマンスを発揮することができる、というロジックです。

「集中ボーナス」の効果は、タスク管理に応用することもできます。「やりたくないこと」を、あえて時間がない状況の中で「やらなければならない」ようにするのです。例えば、家事が苦手な人であれば、その日の夜に自宅に人を招待することで、その日の朝に家事を済ませてから会社に行かなければならない状況を作り出します。

また、「集中ボーナス」は時間だけでなく、モノやお金といった別のリソースが不足しているときにも同様の効果を期待できます。例えばゴルフでは、際限なく球が与えられる打ちっぱなしよりも打ち直しのできない実際のゴルフコースの方が、一打に対する集中力が発揮されます。

しかし、欠乏は同時にマイナスの効果ももたらします。Aというものに集中するあまり、BとCの存在が頭の中からすっぽりと抜け落ちてしまう「トンネリング」と呼ばれる状態です。集中力は、目の前にあるもの以外をシャットアウトする力でもあり、時間の欠乏によって得られる集中ボーナスの代償とも言えるでしょう。

「集中ボーナス」はあくまで、精神的にも身体的にも負荷をかけることで得られるドーピングのようなもの。依存しすぎず、中長期的に物事を捉えられるよう、心に余裕を持つことが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トンネリング
「トンネリング」とは、心理学や行動経済学で使われる用語で、トンネルの中にいると外界が見えなくなるように、何かに集中しているがゆえに他のことに意識が回らなくなっている状態をいいます。トンネリング状態は、一つの物事に対する集中力は高まっているが、裏を返せばその他のことには注意散漫になっている、ということ...
プロテウス効果
「プロテウス効果」とは、オンラインのコミュニケーションにおける自分を表すキャラクターの見た目などが、そのユーザーの行動特性や外向性に影響を与えることをいいます。例えば、オンラインゲームのアバターとして屈強な肉体を持つキャラクターを操る人には、ゲーム内でより大胆に行動をしたり、強気に交渉をしたりといっ...
シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...

関連する記事

人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事マネジメント「解体新書」 第34回 人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(前編) 教育の効果測定を出すことは、経営的には当たり前の行為である
厳しい経営環境の中、人事・教育部門には教育コストの抑制と、効果的な教育が求められている。しかし、「教育の費用対効果(ROI)は測ることができない」と、最初から諦めている人材育成担当者は少なくない。どうすれば教育のROIを測ることができるのか。その考え方と方法に...
2010/02/08掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」 第35回 人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(後編) 限られたコストで効果を出す教育を行うには、どうすればいいのか?
「前編」では、今求められている人材育成の費用対効果(ROI)の必要性について言及した。結局、目標を定めて、それをどう測るかが大きなテーマとなるわけだが、「後編」では、どのように教育の効果測定と評価を進めていけばいいのかについて、記していきたい。
2010/02/15掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...