企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キフコウザ 寄附講座

「寄附講座」とは、大学や研究機関において、産学連携の一環として行われる研究・教育活動の一種で、奨学を目的とした民間企業や業界団体などからの寄付金(奨学寄附金)を財源に、期限付きの客員教授などを招いて開設される講座を言います。2004年の国立大学の法人化以降、多くの大学で「寄附講座」が開かれました。近年は採用難を受けて、将来の人材獲得につなげる目的で設置する企業も増えています。
(2017/5/18掲載)

寄附講座のケーススタディ

大学の輩出する人材が需要に追い付いていない
産学連携で即戦力を育成、確保する動きが加速

モーター大手、日本電産の創業者である永守重信会長が、巨額の私財を資金難にあえぐ地元・京都の大学機関に次々と寄付し、話題を呼んでいます。先月7日には、日本電産が京都大学に、次世代モーターなどを研究する電子工学の「寄附講座」を開講すると発表。今後5年間で2億1千万円を寄付するほか、研究機器・試験設備の提供や相互研究の面でもバックアップすると約束しました。永守会長は同社株の8%を保有。その配当金などが寄付金に充てられるとみられており、2018年春、自ら理事長に就任する予定の京都学園大学においても、個人として100億円以上を投じ、工学部の新設に乗り出すといいます。同会長はその意図について次のように述べました。

「他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」(朝日新聞2017年4月20日付)――世界的な人材獲得競争が激しさを増すなか、国内の即戦力不足は、多くの企業や業界団体に共通する問題意識です。「寄附講座」の設置をはじめ、産学連携で人材を育成する動きが加速しているゆえんでしょう。

とりわけ人工知能(AI)やロボットなどの新しい分野では、大学機関が輩出する人材が質・量とも、拡大する市場の需要に追い付いていません。企業が「金も口も」出したくなるのはそのためです。経済産業省の推計によると、こうした先端的なIT(情報技術)分野を担う人材が、20年には約4万8000人も不足するといわれ、危機感は業種・業界を越えて広がっています。昨年5月末、トヨタ自動車やパナソニック、ドワンゴなど8社は東京大学に、「先端人工知能学教育寄付講座」を設置すると発表しました。計約9億円の寄付金をもとに、年間150人程度にAI関連の技術や知識を教え、研究者育成につなげるのがねらいです。

「寄附講座」では、企業活動に直結するような実用的・実践的なテーマを扱う場合、支援する企業自身が現役の経営幹部や社員を派遣し、講師を務めることも珍しくありません。06年度から寄付講座の設置を本格的に開始したみずほファイナンシャルグループでは、京都大学、一橋大学、慶應義塾大学などに、グループの現場経験豊かな実務担当者を講師として派遣。金融フロンティア論や先端バンキング論など、最先端の業界情勢を踏まえた講義を展開しています。早稲田大学商学部で今年度前期半年間、寄附講座を開講する物流システム大手のダイフクでも、「消費が変わる 物流が変わる~BtoCからCtoBへ~」をテーマに、同社の北條正樹社長はじめ経営幹部が自ら登壇します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

AI(人工知能)
AI(人工知能)は現在多くの分野に普及しており、研究者によって、さまざまに定義されています。共通するのは「情報処理を実現するソフトウェアやプログラムを用い、人工的につくられた人のような知能」であること。工場での製造や店舗の分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられています。製品やサービ...
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
卓越研究員
「卓越研究員」とは、成長戦略「『日本再興戦略』改訂2015」(15年6月閣議決定)で打ち出され、文部科学省が16年度から導入している若手研究人材育成制度のことです。同制度は、国が優秀な若手研究者の安定雇用を確保し、挑戦的な研究に専念できる環境の整備を支援することを目的としています。博士号を持つ17年...

関連する記事

松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
厳選採用時代の中途採用に必要な「企業の意識」 ~厳選採用のもう一つの顔
企業が「厳選」されることもある。一部の優秀人材に企業の内定が集中!?
2011/02/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
大学訪問の時期
新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。 当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...