企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュッセイジリョウリツシエンジョセイキン 出生時両立支援助成金

「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、2016年度から5年の時限措置として新設されました。過去3年以内に男性の育休取得者がいなかった企業を対象に、一人目の取得者が出れば、中小企業は60万円、大企業は30万円、二人目以降は一律15万円が支給されます。
(2016/11/17掲載)

出生時両立支援助成金のケーススタディ

男性の育休取得を促進する“イクメン助成金”
職場の雰囲気づくりと取得実績が支給要件に

厚生労働省が今年7月に発表した直近の雇用均等基本調査によると、2015年度の男性の育児休業取得率は2.65%で前年度より0.35ポイント上昇し、1996年度の調査開始以来、過去最高となりました。しかし、男性の育休取得率を20年度までに13%に引き上げるとする政府目標には遠く及ばず、依然、低水準にとどまっているのが現状です。同省の調査では、男性が家事・育児に関わる時間が長いほど第2子以降の出生割合が高い傾向にありますが、共働き世帯が増える一方で、日本の男性の家事・育児時間は欧米諸国の3分の1程度と短く、出生率回復のボトルネックになっていると言われています。

そうしたなか、男性労働者が育休を取得しやすい職場環境を整え、実際に一定の育休を取得させた事業主を対象とする「出生時両立支援助成金」が16年度から新設されました。

「出生時両立支援助成金」の支給には、[1]男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土づくりの取り組みを企業が行い、かつ[2]実際に育休取得者が出ることが条件となります。[1]については、具体的に次の(1)~(3)の取り組みのいずれかを行っていることが求められます。

(1) 男性に育児休業制度の利用を促すポスター、パンフレットなどによる周知
(2) 管理職による、子どもが生まれた男性従業員への育児休業取得の勧奨
(3) 男性の育児休業取得についての管理職向けの研修の実施

また、[2]の取得実績については、男性従業員が子の出生から8週間以内に、連続14日以上(中小企業事業主にあっては5日以上)の育児休業を取得した場合にかぎられます。

支給対象者一人当たりの助成金の支給額については上記の通りで、支給対象となるのは1企業につき1年度に一人まで。過去3年以内に男性の育休取得者が出ている企業は対象外となります。

男性の育児参加を促す施策については、先日、厚労省が法定の育児休業期間の延長に合わせ、母親が育休延長を希望する場合はその一部を父親に割り当てることを義務付けるしくみ――いわゆる「日本版パパ・クォータ」制度の導入を検討しているとの報道もありました。アメ(助成金)とムチ(義務付け)の施策が、20年までに13%という高い目標の達成にどこまで寄与することができるでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

パパ・ママ育休プラス
「パパ・ママ育休プラス」とは、2009年7月の育児・介護休業法改正によって新設された制度(10年6月30日から施行)で、男性の育児参加を促進する観点から、父親・母親がともに育児休業を取得する場合、特例として休業を取れる期間を延長するというものです。現行の育児休業制度は、子どもを養育する労働者に原則...
助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。
改正育児介護休業法
「育児や家族の介護」と「仕事」の両立支援をさらに推進するため、2005年4月1日から改正施行された法律です。少子化への意識が高まる中、育児休業をとりやすく、職場復帰しやすい環境の整備が求められていることから、より利用しやすい仕組みにするために、育児休業制度などの見直しを行ったものです。

関連する記事

武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
男性の育児休業取得における阻害要因として最も多いのは、「業務を代替する人員の手配」で57.2%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。男性が育児休業を取得する際、どのようなことが阻害要因となっているのか。最も多かったのは「業務を代替する人員の手配」で、57.2%だった。次いで、「従業員の意識変革の遅れ」「男性の育児休業取得を受け入れ...
2016/07/15掲載人事白書 調査レポート
株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部

関連するQ&A

育児休業の期間等について
いつも参考にさせて頂いています。 産前産後休暇を取得してから育児休業に入る予定の者がいるのですが、有給休暇も取得できていない場合ですが、産前産後休暇後に有給休暇を消化してから育児休業することが可能でしょうか? それとも育児休業は、産前産後休暇に引き続き取得しなければならないのでしょうか?
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
契約社員の育児休業について
1年契約の契約社員が、契約期間中に産休を取得する予定です。 その後、育児休業の取得については、復帰するつもりはないと言っていますが あくまでも口頭での内容ですので効力はありません。 このような場合、育児休業取得開始日前で契約を終了する方法はないでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事制度 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...