企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークフェア ワークフェア

「ワークフェア」(workfare)とは、work(労働)とwelfare(福祉)を組み合わせた造語で、「福祉の目的を就労の拡大におき、同時に福祉の受給条件として勤労を求める」考え方、および制度を言います。公的扶助に関する改革理念として提唱された経緯があり、ワークフェアを導入した労働・福祉政策においては、生活保護や医療費保護などからなる福祉の受給者に対して一定の勤労を義務づけ、給付を労働の対価とすることにより精神的自立を促すとともに、勤労を通じて将来の経済的自立の基盤となる技術・技能を身につけさせようとする制度が用いられます。
(2016/8/30掲載)

ワークフェアのケーススタディ

「働かざるもの食うべからず」で福祉を再構築
勤労を公的扶助の条件として個人の自立を促す

「ワークフェア」という言葉は、もともと1970年代のアメリカにおいて、リチャード・ニクソン大統領が福祉改革の理念として提唱したものです。当時、一人親家庭への扶助が福祉依存層を拡大させているとの認識から、こうした世帯に何らかのかたちで就労を義務づけることを目指して、同大統領のスピーチライターが作った造語だと言われています。

1994年に選出されたニューヨーク市のルドルフ・ジュリアーニ市長も、勤労を通じて生活を向上させるワークフェアを、市の福祉改革のコアを成すコンセプトに据えました。生活保護の受給者が市の指定する公共事業で働きながら就職先を探す勤労体験プログラム(WEP)など、同市のやり方は、経済的扶助の条件として一定の勤労を義務づけるシステムの先駆けとして全米に注目され、多くの州で同様のプログラムが導入されました。

また、同国のクリントン政権やイギリスのブレア政権が、若年層の雇用対策として活用した勤労税額控除も、ワークフェア思想にもとづく制度です。勤労税額控除は、勤労して所得を稼ぐと、所得に応じて一定割合の税額が控除され、納税額がゼロあるいは少なくて税額控除できない低所得者には現金が給付される仕組み。働かなくても一定の給付が受けられる生活保護などのモラルハザード(倫理の欠如)を防ぐとともに、貧困・ワーキングプア対策にも成果を上げてきました。英米以外にも、スウェーデンやカナダ、オランダ、カナダなど多くの欧米主要国が導入しています。

福祉給付受給者やその予備軍の就労インセンティブを高め、できる限り多くの人々に勤労を促すべきとするワークフェアの理念には、大きく二つの狙いがあります。一つは、社会保障制度の既得権益化や高齢社会の進展を背景とする“福祉国家の財政的危機”への対応として、福祉給付受給者の勤労を促すことで、受給者を負担者へと転換し、社会保障制度の財政基盤を強化しようというもの。もう一つは、長期にわたる福祉給付への依存が結果的に受給者自身の社会的な排除や疎外を招いているという問題への対応として、就労を通じて社会的包摂を進めようという狙いです。

「ワークフェア」は、“社会的弱者への給付”を基本とする伝統的な社会福祉の価値観を転換し、勤労を支援することによって、あらゆる人々が一人の個人として自立・自律することを促そうとする考え方だといえるでしょう。とはいえ、一方には「福祉の切り下げ、切り捨て」との批判もあり、実際、ワークフェアによって勤労を義務付けられた労働者が不当に低い賃金や不利な労働条件を強いられ、貧困から抜け出せないなど、制度としての問題も少なくありません。「働かざるもの食うべからず」の倫理観は前提としてもっともですが、真の意味での「ワークフェア社会」を実現するためには、そのワークの中身がフェア(公正)であることが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
法定外補償制度
業務や通勤に起因した労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して、労働者災害補償保険法(労災保険法)による労災補償給付とは別に、企業が独自の立場から補償給付の上積みを行う制度です。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでし...
2005/11/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...