企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エムビービー MBB

「MBB」とは、Management by Beliefの略で、日本語では「信念による経営」「思いのマネジメント」と訳されます。MBBは目標管理制度の一種で、会社や組織全体の目標の背景にある経営陣や上司の思いと、自分自身の仕事やキャリアに対する社員個人の思いをぶつけあう“創造的対話”のプロセスを経るのが特徴。互いの思いを明確化し、価値観を共有した上で、会社にとっても、個人にとっても意味のある業務上の目標を見出し、実現までの道筋を設定していく手法です。「MBB」は、ナレッジマネジメントの生みの親として知られる一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏や、一橋大学大学院教授の一條和生氏らによって提唱されました。
(2016/8/5掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBBのケーススタディ

“思い”を伴わない目標管理制度は機能しない
企業と個人の創造的対話がマネジメントの起点

上述の野中氏らは、共著書『MBB:「思い」のマネジメント』で、「これからのマネジメントは“MBO(Management By Object)=目標管理”だけではダメで、“MBB(Management By Belief)=思いのマネジメント”が必要」と述べています。

バブル崩壊に端を発する経済の長期低迷がそれまでの日本型経営を根幹から揺るがせたことで、日本企業の多くは競うようにして米国流の成果主義を採用し、それを機能させるために、あわせてMBOと呼ばれる目標管理制度も導入しました。MBOは、社員が自ら設定した目標の達成を目指すことで、組織としての成果を高める経営管理手法です。

しかし現実には、MBOがうまく機能しなかったという企業も少なくありません。容易に達成できるよう目標を低めに設定した結果、組織全体の業績が伸びなかったり、社員の間にやらされ感や疲弊感がまん延して会社全体が閉塞感に包まれたりするなどの問題に悩まされてきました。最近の例でいうと、東芝の不適切な会計処理問題も、会社が「チャレンジ」と称して、各事業部門に過剰な業績改善の目標を強いたことに遠因がある、とも言われています。

こうしたMBOの問題点を分析し、その改善を目指した経営管理手法が「MBB(信念による経営)」なのです。MBBは、社員や組織の目標を設定して、その達成を目指すという点ではMBOと同じですが、最大の違いは目標を設定する際、社員が上司と対話して価値観を共有するとともに、仕事やキャリアに対する自己のビジョンを明確にするところにあります。つまり、企業の論理だけに従うのではなく、社員個々の思いも込めた目標を、両者納得の上で設定するわけです。そのためにMBBでは、お互いに腹を割ってこれしかないと思えるまで話し合う、「創造的対話」の場づくりが重要になります。

MBBは、けっしてMBOを否定するものではありません。むしろMBOは、MBBを伴わないと正しく機能しないのです。高い目標や難しい課題に挑戦しようとするときほど、「何が何でもやり遂げたい」という組織と個人との一致した思いが必要です。東芝のように一方的に強いられていては、乗り越えることが難しいでしょう。多くの日本企業が成果主義の導入でつまずいたのは、MBBを伴わないMBOを行っていたからだとも考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

MBO(Management By Objective)
「MBO」とは、Management By Objectiveの略で、従業員が自律的に目標を設定する人事評価制度のことです。1954年にピーター・ドラッガーが自著の中で提唱したマネジメント手法で、従業員には自分の目標を設定し、達成のために自己管理を強化していくことが求められます。これによって、個人の...
MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...
目標管理制度
期初に上司の助言を得ながら自らの業務目標を決め、期末に目標達成度を判定して、賞与や昇給、昇進に反映させる制度のことです。成果主義に基づく人事制度の根幹をなす仕組みで、導入する企業が増えています。

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第36回 「経営理念」を実現する人材マネジメント(前編) ~「経営理念」の作成・浸透が、強い人と組織を作る
厳しい経営環境の中、コスト削減やIT化・合理化で生き残りを図ろうとする企業は少なくない。しかし、それで果たして企業の活力は生まれてくるのだろうか?こんな時代だからこそ、経営者の思い、何より「経営理念」が人と組織にもたらす効果は大きいと考えられる。特に、勢いのあ...
2010/04/19掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

目標管理制度における個人目標について
お世話になっております。 人事考課のフィードバックおよび共有について質問がありまして投稿致しました。 弊社では、半期ごと(決算は12月です)に個人別の目標を立てます。 その目標に沿って半期ごとに人事考課を行い、賞与額の査定を行っております。 その目標設定についての質問なのですが、個人ごとに立て...
MBBについて
MBB(Management by Belief)について最近耳にします。ですが、具体的にどのように仕組みに落としているのかが分かりません。目標管理シートにどのように工夫をするのか等、教えて頂けませんでしょうか?
MBBについて
大手企業であっても、目標管理シートを使用しない会社があると聞いたことがあります。 MBBにより、想いだけを共有しているとか。 その具体的考え方・手法について、知りたいと考えています。 ご存知の範囲にて、教えて頂くことはできませんでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 人事制度 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...