企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 最終更新日:2020/04/02

【ヨミ】プロパーシャイン プロパー社員

プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。

1. プロパー社員とは

「プロパー社員」の意味と使われるケース

「プロパー社員」は、主に3種類の意味で用いられます。第1は、中途入社や出向社員ではない、新卒で採用された「生え抜きの社員」という意味です。第2は、契約社員や派遣社員、パート社員などの非正規雇用に対する「正社員」という意味。そして第3は、協力会社や下請け会社の社員などが常駐している職場において、そうした外部スタッフと区別するために自社の社員を「プロパー」と呼ぶケースです。

「プロパー社員」という言葉が使われる例をいくつか見てみましょう。

・「彼は私より年下だが、プロパー社員で入社は私より先だから、会社の内部事情についてはとても詳しい」……「新卒採用の生え抜き社員」の意味で使用されるケース
・「今は派遣社員として働いているけれど、いずれはプロパー社員になりたいと思っている」……「正社員」の意味で使用されるケース
・「この職場はプロパー社員が少なくて、常駐の外部スタッフがたくさんいる」……「自社の社員」の意味で使用されるケース

プロパー社員という言葉は主に職場内、あるいは業界内部の用語として使用されることが多いため、多くの人が社会人になって初めて耳にすることになります。コピーライター/エッセイストの糸井重里氏が主宰するウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』の連載『オトナ語の謎。』においても、ビジネストークに頻出する意味不明の独特な言葉「オトナ語」の例として紹介されています。

また、このオトナ語に関してライフネット生命がビジネスパーソンを対象に行った調査によれば、職場で使用する「カタカナ語・外来語が由来のオトナ語」で、「プロパー(社員)」は第2位でした。

「正社員」など紛らわしい言葉との関係

「プロパー社員」に法的な定義などはありません。従って、職場や業界によって「正社員」や「生え抜きの社員」「自社の社員」など、複数の意味で用いられます。ただし、「プロパー社員」が使われる際のニュアンスは、それが指し示す「生え抜きの社員」「正社員」あるいは「自社の社員」の言葉のニュアンスとは異なる場合があります。「プロパー社員」のニュアンスが、必ずしも良いとはいえないことを示すアンケート結果を紹介します。

アンケート調査は、2016年1月に、総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社によって実施されました。調査対象は「20~59歳で過去5年以内に転職経験を持つ正社員の男女」、有効回答数は400人です。なお、このアンケート調査において「プロパー社員」は「新卒で採用された生え抜きの社員」を意味しています。

アンケート調査では、まず「入社後、プロパー社員に対してどのようなギャップを感じますか?」と質問しました。それに対する回答は、「何かと融通がきかない」(21.8%)、「保守的でチャレンジをしたがらない」(14.3%)、「伝統・文化の変化を嫌う」(11.8%)など、ネガティブなものが上位を占めました。また、「給与体系」(18.3%)も上位に入り、「プロパー社員」が、新卒採用と中途採用の待遇が違う象徴となっていることがうかがえます。

また、「実際にギャップを感じたエピソードは?」という質問に対する回答は、以下のようなものとなっています。

・「プロパー社員はその会社しか知らないために視野が狭く、ほかのやり方を受け入れない」(女性/人材サービス)
・「給与体系が、経験ではなく勤続年数で決まる」(男性/ソフトウエア・情報サービス関連)
・「中途採用は評価基準が高く、認められにくい」(男性/総合商社)
・「アットホームな職場ほど、中途入社の人間が入りづらい雰囲気がある」(女性/学習塾、教育関連)

このように、保守的・閉鎖的な企業風土や待遇の違いに対する不満の声が多くあることがわかります。

プロパー社員という言葉の発祥

「プロパー社員」という言葉は、どのような経緯で生まれたのでしょうか。実際のところはよくわかっていませんが、三省堂編修所は、「プロパー」が使われるようになった経緯を「各業界や職場で、それぞれ独自に用いるようになった表現のようです」と記しています。

戦時中には排除された外来語は、戦後になって多く用いられるようになります。漢字による多くの在来表現が、外来語に置き換えられていきましたが、「プロパー(社員)」も、そのような外来語への置き換えの一環として生まれたのではないでしょうか。

2. 「プロパー社員」を使用する上での注意点

定義を定めるか、社内制度の用語として使わないようにする

「プロパー社員」は職場や業界によって、また文脈などによって、さまざまな意味で使われます。そのため曖昧になりやすく、場合によっては誤解が生じる危険があります。人事制度の中に記載する場合には、「正社員」「生え抜きの社員」「自社の社員」などと明確に定義する必要があります。

ただし上で見た通り、「プロパー社員」はあまりニュアンスの良くない言葉として使われることもあります。社員が日常会話において使うには大きな問題はありませんが、社内制度の用語として使用する場合には、注意が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...

関連する記事

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
2008/04/09掲載注目の記事
NTTコミュニケーションズ株式会社: きっかけを与え、フォローし続ける。ベテラン社員の活性化に近道はない 一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(前編)
2013年の法改正で企業に65歳までの継続雇用が義務付けられたこともあり、近年、シニア社員が活躍できる環境をつくることが企業の重要課題となっています。シニア社員たちがその力を発揮するために、人事はどう対応すればいいのでしょうか。この問いに道を示す、一人の人事マ...
2017/07/20掲載となりの人事部
NTTコミュニケーションズ株式会社: きっかけを与え、フォローし続ける。ベテラン社員の活性化に近道はない 一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(後編)
NTTコミュニケーションズでは、ベテラン社員がモチベーション高く活躍できる環境づくりに向けて、50代社員を対象とする面談と、キャリアデザイン研修を行っています(前編参照)。これまでの3年間で、面談の実施者はのべ1000人を突破。約8割の社員がモチベーションをア...
2017/07/27掲載となりの人事部

関連するQ&A

契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。