企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クロスアポイントメントセイド クロスアポイントメント制度

「クロスアポイントメント制度」とは、研究者が大学、公的研究機関、民間企業のうち、二つ以上の組織と雇用契約を結び、一定の勤務割合の下で、それぞれの組織における役割分担や指揮命令系統に従いつつ、研究・開発および教育などの業務に従事することを可能にする制度です。各機関が研究者の給与を分担して雇用することから、「混合給与制度」とも言われます。昨年6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」や「科学技術イノベーション総合戦略2014」などにおいても、クロスアポイントメント制度の積極的な導入・活用が盛り込まれました。
(2015/11/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロスアポイントメント制度のケーススタディ

研究者の“兼業”は技術の橋渡しを促すか
産・官・学が勤務割合に応じて給与を分担

新たな発想や創意工夫でイノベーションを起こすためには、研究・開発人材の流動化が欠かせません。優れた研究者が、大学や公的研究機関、企業等の壁にとらわれず、複数の組織において活躍できる環境を整備できれば、大学や公的研究機関などから民間企業へ、技術シーズの円滑な“橋渡し”を促し、事業化する上できわめて大きなアドバンテージをもたらします。そのために必要な仕組みとして、近年注目を集めているのが「クロスアポイントメント制度」。大学、公的研究機関、企業のうち二つ以上の機関が、優れた人材と雇用契約を結び、一定のエフォート(勤務割合)管理の下で給与を分担しながら、研究・開発および教育などのプロジェクトにその能力を活用することが可能になる制度です。

欧米では、たとえば9ヵ月分の給与を大学から得る一方で、夏期の3ヵ月間を別の研究機関で業務に従事する研究者が珍しくなく、高額収入を得る機会にもなっています。両者が年俸制を導入すれば、勤務割合や給与分担をそういった形に設定することができるわけです。クロスアポイントメント制度そのものは、日本にも以前からありましたが、従来は二つの機関を兼ねる場合、どちらか一方とのみ雇用契約を結び、もう一方は非常勤にするのが一般的でした。しかし、2015年4月から国の制度として新しく導入された仕組みでは、研究者は両方の機関と雇用契約を締結し、両方の身分を有することになります。しかも、大学と公的研究機関との間の兼務だけではなく、民間企業や海外の組織などとも契約し、活躍と交流の場を広げることができるようになりました。

複数の機関で働く際の勤務割合は、5対5でも1対9でも、あるいは9対1でもかまいません。仮に、大学教授が5対5の従事率で企業の研究職を兼務すれば、半分は民間の人材ですから、産・学の垣根はおのずと低くなり、イノベーションにつながる技術の橋渡し機能も大幅に強化されることが期待されます。実施にあたっては、複数機関の間でクロスアポイントメントに係る身分、業務内容、給与などの取り扱いについて協定を締結。医療保険や年金など、各種法制度との関係にも留意が必要です。留意点については、所管官庁である経済産業省がそのポイントを整理した「クロスアポイントメント制度の基本的枠組と留意点」を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

卓越研究員
「卓越研究員」とは、成長戦略「『日本再興戦略』改訂2015」(15年6月閣議決定)で打ち出され、文部科学省が16年度から導入している若手研究人材育成制度のことです。同制度は、国が優秀な若手研究者の安定雇用を確保し、挑戦的な研究に専念できる環境の整備を支援することを目的としています。博士号を持つ17年...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
育児短時間勤務制度について
育児短時間勤務制度を導入しようとしております。 その際の『残業』の概念についてお聞きします。 仮に一日6時間勤務となった場合に、その者の残業は週30時間を超えた時、 になるのでしょうか? それとも、週法定労働時間の40時間を超えた時、なのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 就業管理 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。