企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガクレキフィルター 学歴フィルター

「学歴フィルター」とは、企業が採用活動において、低学歴の学生をふるい落すことやその仕組みを指す言葉です。具体的には、書類選考や説明会の参加予約の際に、いわゆる上位校か下位校かで差をつけるなどの手法がとられます。表向きは、大半の企業が「学歴不問」をうたうものの、実際は、インターネットを通じた膨大の数の応募を効率的にさばく必要性から、採用活動で学歴フィルターを導入している企業は少なくないといわれます。
(2015/5/28掲載)

学歴フィルターのケーススタディ

ネット就活普及で学歴による選別が露骨に
売り手市場なのに、就活後ろ倒しで復活!?

企業の採用活動に関するさまざまなアンケート調査などを見ても、「採用に学歴は関係あるか」といった趣旨の質問に「関係ある」と明言する企業はほとんどありません。とはいえ、企業が大学名を選考の材料にすること自体は、何もいまに始まった動きではなく、世間に与える印象を考慮して、特に公にはしてこなかっただけでしょう。日本企業のそうしたスタンスは、基本的に現在も変わっていないはずです。

ところが1990年代後半から、いわゆる就職情報サイトが登場。それを機に、学歴による選別の仕方が露骨になったと言われます。インターネットを介して、誰でも簡単に各企業と接触できるようになったおかげで、人気企業には学生が殺到。選考作業にかかる負担を減らすために、「学歴フィルター」に頼らざるをえなくなった一面があるのは否めません。そうした学歴フィルターの仕組みの最たる例が「説明会予約」です。

採用説明会への参加申し込み枠を大学群別に調整して、学生をふるいにかける手法で、例えば説明会の定員100人に対し、80人を東大などトップ校に充て、残り20人の枠を他大学の就活生に割り振ります。そうすると、どうなるか。まったく同じ時刻に同じ企業の採用ページを開き、説明会への参加申込ボタンをクリックしても、上位校の学生の画面には「空き」が表示され、下位校の学生には全日程「満席」と出たりするわけです。説明会予約の前にも、大学名によって説明会の案内をメールで知らせるタイミングに差をつけるケースや、そもそも下位校の学生には案内自体をしない企業もあるといいます。

景気回復が鮮明化し、売り手市場となった今春卒採用では、人材確保の必要性から学歴フィルターが“緩く”なったとされます。それならば、大企業の業績回復が著しく、採用意欲もより高まっている今シーズンはさらに緩くなるのかというと、そうではありません。逆に、一部では再び学歴重視の傾向が高まっているようです。これは、例の採用活動後ろ倒しの影響。近年の傾向として、大企業では、レベルの違うさまざまな大学の学生が集まる合同説明会より、取りたい大学(=ターゲット校)の学生だけに対象を絞る「学内説明会」を重視する傾向が強まっています。ところが今年は選考期間に余裕がないため、企業側から足を運べる大学の数は当然、上位校や採用実績のある大学を中心に限られてくる。これも学歴フィルターの、一つの形と言えるでしょう。もっとも、内定のピークが短期間に集中することが予想されるため、多くの企業が学歴フィルターを復活させ、優秀な人材を効率よく採ろうとすると、逆に採りはぐれるケースが増える恐れもあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...