無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ガクレキフィルター 学歴フィルター

「学歴フィルター」とは、企業が採用活動において、低学歴の学生をふるい落すことやその仕組みを指す言葉です。具体的には、書類選考や説明会の参加予約の際に、いわゆる上位校か下位校かで差をつけるなどの手法がとられます。表向きは、大半の企業が「学歴不問」をうたうものの、実際は、インターネットを通じた膨大の数の応募を効率的にさばく必要性から、採用活動で学歴フィルターを導入している企業は少なくないといわれます。
(2015/5/28掲載)

学歴フィルターのケーススタディ

ネット就活普及で学歴による選別が露骨に
売り手市場なのに、就活後ろ倒しで復活!?

企業の採用活動に関するさまざまなアンケート調査などを見ても、「採用に学歴は関係あるか」といった趣旨の質問に「関係ある」と明言する企業はほとんどありません。とはいえ、企業が大学名を選考の材料にすること自体は、何もいまに始まった動きではなく、世間に与える印象を考慮して、特に公にはしてこなかっただけでしょう。日本企業のそうしたスタンスは、基本的に現在も変わっていないはずです。

ところが1990年代後半から、いわゆる就職情報サイトが登場。それを機に、学歴による選別の仕方が露骨になったと言われます。インターネットを介して、誰でも簡単に各企業と接触できるようになったおかげで、人気企業には学生が殺到。選考作業にかかる負担を減らすために、「学歴フィルター」に頼らざるをえなくなった一面があるのは否めません。そうした学歴フィルターの仕組みの最たる例が「説明会予約」です。

採用説明会への参加申し込み枠を大学群別に調整して、学生をふるいにかける手法で、例えば説明会の定員100人に対し、80人を東大などトップ校に充て、残り20人の枠を他大学の就活生に割り振ります。そうすると、どうなるか。まったく同じ時刻に同じ企業の採用ページを開き、説明会への参加申込ボタンをクリックしても、上位校の学生の画面には「空き」が表示され、下位校の学生には全日程「満席」と出たりするわけです。説明会予約の前にも、大学名によって説明会の案内をメールで知らせるタイミングに差をつけるケースや、そもそも下位校の学生には案内自体をしない企業もあるといいます。

景気回復が鮮明化し、売り手市場となった今春卒採用では、人材確保の必要性から学歴フィルターが“緩く”なったとされます。それならば、大企業の業績回復が著しく、採用意欲もより高まっている今シーズンはさらに緩くなるのかというと、そうではありません。逆に、一部では再び学歴重視の傾向が高まっているようです。これは、例の採用活動後ろ倒しの影響。近年の傾向として、大企業では、レベルの違うさまざまな大学の学生が集まる合同説明会より、取りたい大学(=ターゲット校)の学生だけに対象を絞る「学内説明会」を重視する傾向が強まっています。ところが今年は選考期間に余裕がないため、企業側から足を運べる大学の数は当然、上位校や採用実績のある大学を中心に限られてくる。これも学歴フィルターの、一つの形と言えるでしょう。もっとも、内定のピークが短期間に集中することが予想されるため、多くの企業が学歴フィルターを復活させ、優秀な人材を効率よく採ろうとすると、逆に採りはぐれるケースが増える恐れもあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード