企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガクレキフィルター 学歴フィルター

「学歴フィルター」とは、企業が採用活動において、低学歴の学生をふるい落すことやその仕組みを指す言葉です。具体的には、書類選考や説明会の参加予約の際に、いわゆる上位校か下位校かで差をつけるなどの手法がとられます。表向きは、大半の企業が「学歴不問」をうたうものの、実際は、インターネットを通じた膨大の数の応募を効率的にさばく必要性から、採用活動で学歴フィルターを導入している企業は少なくないといわれます。
(2015/5/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学歴フィルターのケーススタディ

ネット就活普及で学歴による選別が露骨に
売り手市場なのに、就活後ろ倒しで復活!?

企業の採用活動に関するさまざまなアンケート調査などを見ても、「採用に学歴は関係あるか」といった趣旨の質問に「関係ある」と明言する企業はほとんどありません。とはいえ、企業が大学名を選考の材料にすること自体は、何もいまに始まった動きではなく、世間に与える印象を考慮して、特に公にはしてこなかっただけでしょう。日本企業のそうしたスタンスは、基本的に現在も変わっていないはずです。

ところが1990年代後半から、いわゆる就職情報サイトが登場。それを機に、学歴による選別の仕方が露骨になったと言われます。インターネットを介して、誰でも簡単に各企業と接触できるようになったおかげで、人気企業には学生が殺到。選考作業にかかる負担を減らすために、「学歴フィルター」に頼らざるをえなくなった一面があるのは否めません。そうした学歴フィルターの仕組みの最たる例が「説明会予約」です。

採用説明会への参加申し込み枠を大学群別に調整して、学生をふるいにかける手法で、例えば説明会の定員100人に対し、80人を東大などトップ校に充て、残り20人の枠を他大学の就活生に割り振ります。そうすると、どうなるか。まったく同じ時刻に同じ企業の採用ページを開き、説明会への参加申込ボタンをクリックしても、上位校の学生の画面には「空き」が表示され、下位校の学生には全日程「満席」と出たりするわけです。説明会予約の前にも、大学名によって説明会の案内をメールで知らせるタイミングに差をつけるケースや、そもそも下位校の学生には案内自体をしない企業もあるといいます。

景気回復が鮮明化し、売り手市場となった今春卒採用では、人材確保の必要性から学歴フィルターが“緩く”なったとされます。それならば、大企業の業績回復が著しく、採用意欲もより高まっている今シーズンはさらに緩くなるのかというと、そうではありません。逆に、一部では再び学歴重視の傾向が高まっているようです。これは、例の採用活動後ろ倒しの影響。近年の傾向として、大企業では、レベルの違うさまざまな大学の学生が集まる合同説明会より、取りたい大学(=ターゲット校)の学生だけに対象を絞る「学内説明会」を重視する傾向が強まっています。ところが今年は選考期間に余裕がないため、企業側から足を運べる大学の数は当然、上位校や採用実績のある大学を中心に限られてくる。これも学歴フィルターの、一つの形と言えるでしょう。もっとも、内定のピークが短期間に集中することが予想されるため、多くの企業が学歴フィルターを復活させ、優秀な人材を効率よく採ろうとすると、逆に採りはぐれるケースが増える恐れもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...