企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】デモドリシャイン 出戻り社員

「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を認めるケースが増えているといわれます。他社を経験したことでスキル向上や自社への愛着の深まりが見込めるとして、出戻り社員の受け入れを制度化するなど、むしろ積極的に歓迎する企業も現れています。
(2015/4/22掲載)

出戻り社員のケーススタディ

7割超の企業に出戻りの受け入れ実績あり
処遇に悩むも、即戦力や挫折体験に期待

かつて日本の職場の多くは、新卒一括採用・年功制・終身雇用といった日本的雇用システムのもと、一つの“ムラ”社会として結束していました。そのムラを出て=退職して、他社へ移る人は基本的に“裏切り者”と見なされ、再びムラに迎え入れられることなど、ありえませんでした。しかし最近では「出戻り社員」を認める企業が増えています。

人材サービス会社のエン・ジャパンが企業の中途採用担当者を対象に実施した「出戻り社員(再雇用)」の実態に関するアンケート調査の結果によると、「一度退職した社員を出戻りで再雇用したことがある」と回答した企業は、全体の実に72%に達しました。出戻り社員を採用した理由(複数回答)としては、「即戦力を求めていたから」の回答が39%、「人となりがすでにわかっているため安心だから」が38%と上位を占めました。再雇用後の配属について「退職前と同職種に配属」との回答が85%という結果からも、自社や仕事への理解がある即戦力として主に迎えられていることがうかがえます。また採用難から、採用コストを抑えられ、研修等が不要であることを採用理由に挙げる企業もあり、ミスマッチの少ない効率的な採用にもつながっているようです。

出戻りを受け入れる側の職場の反応はというと、「とても良い」が13%、「まあまあ良い」が57%と、7割は好感触だったと答えています。再雇用して良かった点としては、他社を経験したことで「向上したスキルを持ち帰ってきた」「自社の良さを改めて認識し恩義を感じている」といった回答が寄せられ、既存社員にもいい刺激になっていることがうかがえる一方、課題点として「再雇用時のポジション・給与面の処遇に悩む」といった指摘もありました。いくら過去の実績や貢献度が高くても、既存社員とのバランスに考慮しないと不平不満が出やすいもの。その点が出戻りの成否を分けるカギになるようです。

このアンケートでは、出戻り社員の受け入れを制度化している企業は9%と、まだまだ少数派でしたが、導入例は着実に増えています。ソフトウェア開発のサイボウズでは2012年から、35歳以下の社員を対象に、退職して最長6年経っても復帰できる「育自分休暇制度」を導入しています。退職して戻ってくるまでの期間を、社員が「自分を育てるための“休暇”」と捉える同制度。戻ってきた社員には、社長を前に退職期間中の成長をアピールしてもらい、その成果を見て、復帰後の待遇やポジションを決める仕組みです。デジタルコンテンツを中心としたサービスを展開するミツエーリンクスでも、同社に3年以上勤務し、離職後、他社で1年以上働いた経験を持つ元社員の復職を受け入れる「ブーメラン制度」を実施。再雇用の際は、勤務当時の給与が保証されるだけでなく、キャリア部分の上乗せもあるといいます。また、NTT西日本では、ITベンチャーなどの起業を目指して退職したものの挫折した元社員の復職を受け入れる新しい採用制度を、今春から導入しました。退職後5年程度を経過した元社員が対象で、起業で苦労した貴重な経験を新規事業の育成に活かしてもらうことが狙いだといいます。人材確保の観点から、こうした制度の導入が拡大すれば、いずれは欧米のように出戻りが一般化する可能性も大いにあるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...

関連する記事

若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事マネジメント「解体新書」第107回 新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(前編) ~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
有効求人倍率がバブル期水準に達し、人材不足が深刻化している。中途採用を行っても、なかなか思うような人材を採用できない企業は多い。このような状況下、一度退職した後に復職する「再入社(出戻り)社員」が注目を集めている。これまでは会社を辞め、他社に就職した社員が戻っ...
2017/07/28掲載人事マネジメント解体新書
「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...