企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアショック キャリアショック

「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネスパーソンの誰もが、こうした危機的状況に陥るリスクにさらされていると言われ、企業の人材マネジメントにおいても、個人のキャリアショック克服をどう支援するかが重要なテーマとして浮上しています。
(2014/9/29掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアショックのケーススタディ

知識やスキルの蓄積が陳腐化し将来像が崩壊
キャリアを「積み重ねる」から「つなぐ」へ

将来を見据えてコツコツと積み上げてきたキャリアや、こうなりたいと思い描いてきたキャリア予想図が、あるときを境に一気に崩れ去り、ショックから新しい環境や状況に適応できなくなってしまう――前述の高橋教授が著書『キャリアショック』で、そうした危機が日本のビジネスパーソンにも迫っていると警鐘を鳴らしたのは、2000年12月のことでした。それから10年余――。さらなる経営環境の変化とグローバル競争の激化を受けて、多くの企業がドラスティックな組織変革に取り組む中、キャリアショックに見舞われる人は確実に増えていると考えられます。

前掲書には、米国サン・マイクロシステムズのCEOだったスコット・マクナリーが、自社の社員に対し「同じ仕事を2年以上続けるな」と明言していた、というエピソードが記されています。「キャリアが陳腐化する可能性があるからだ」というのがその理由です。同社の人事担当幹部からこの話を聞いた高橋氏が、「それではスキルの蓄積ができないではないか」と質問したところ、その幹部は「スキルが蓄積するころには陳腐化するだけだ」と答えたといいます。

そもそも多くの日本人にとって、キャリアとは「積み重ねるもの」「蓄積するもの」といったイメージが強いのではないでしょうか。そのせっかく積み重ねたものや蓄積したものが陳腐化し、無に帰することへの落胆、喪失感こそが、キャリアショックを引き起こす要因といえます。例えば、子育て世代のビジネスパーソンの多くが、育児休業を取ると元の職場や仕事に復帰できないから、キャリアに不利に働くと感じてしまうのも、キャリアを一つのことの積み重ねととらえる典型例でしょう。また、大手企業の約半数が役職定年制を導入し、組織の新陳代謝を図っていますが、その影響で不本意な配置転換を命じられた役職定年者は、長年の経験やスキルの蓄積を会社に否定されたような気がしてプライドを傷つけられ、キャリアショックに陥ることが少なくありません。

高橋氏は、キャリアを積み重ねたり蓄積したりするものではなく、「つなぐ」ものと考える発想の転換が必要だ、と述べています(『Think!』2012年秋号)。過去の仕事から得た経験知は、役割や環境が変わっても、自分の中に個性として身についているはずです。一つの仕事を続けることに執着するより、過去のキャリアを新しい仕事につなげて、培ってきた個性により磨きをかける。それこそが、変化の激しい時代に求められるキャリア形成の視点なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな...
キャリアクライシス
「キャリアクライシス」とは、ビジネスパーソンがそれまでに培ってきたキャリアを失いかねない危機、あるいはそうした危機に直面することを意味します。長いキャリアライフでは、年齢によって誰もがキャリアクライシスに陥りやすい時期があるといわれ、特に20歳代後半から30代前半にかけては、仕事や将来への不安、組織...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。

関連する記事

花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第93回 社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。
2016/04/14掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

キャリア採用担当者の留意点
この度ジョブローテーションにてキャリア採用の担当者に新たになりました。何分始めての仕事のため何をどうすれば良いかイメージがわきません。キャリア採用担当者としての留意点がありましたらアドバイスいただけますでしょうか?
キャリアコンサルタントについて
社員のキャリア支援、キャリアカウンセラーとして、知識・技術・意識そして資格を取得したいのですが、キャリア開発協会のCDA資格やNPO生涯学習キャリア・コンサルタント検定等様々なものがありますが、実績・内容から判断してどれが好ましいのでしょうか?
キャリア採用選考時のメンタルヘルスチェックについて
私はキャリア採用を担当しております。キャリア採用者も入社前には健康診断の受診をして頂いているのですが、メンタル面のチェックまではできないため、採用後にトラブルが発生することがあります。適性試験等アセスメントを行うツールがもしございましたらご教授いただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...