企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソーハラ ソーハラ

「ソーハラ」とは、ソーシャルメディアハラスメントの略。ソーシャルメディアを通じて行われるハラスメント(嫌がらせ)行為のことで、特にFacebookなどの実名登録制のSNSに職場の上下関係がもちこまれて、トラブルやストレスの原因になっている状況を指します。SNS上で上司や先輩から執拗(しつよう)にコミュニケーションを求められて、断るわけにもいかず、不要な気づかいや緊張を強いられたり、プライベートに介入されたりするといった事例が典型的なソーハラ被害に当たるとされます。
(2014/7/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーハラのケーススタディ

SNSが職場の人間関係を悪くする!?
新人の4割が上司の友達申請に不快感

FacebookなどのSNSでは、実名での登録が推奨されます。これが公私両面で有益なネットワークの構築や拡大に大いに役立つ半面、使い方を誤ると、実名であるがゆえにさまざまなトラブルを招きやすく、実生活にまで深刻な影響を及ぼしかねません。その典型が「ソーハラ」です。職場の上下関係が配慮なくネットワーク上に持ちこまれて嫌がらせ行為に発展、それがまた実際の職場の人間関係をギクシャクさせる――ソーハラは、ソーシャルメディアを介して行われるパワーハラスメントの一種なのです。

具体的にどういう行為に及ぶと、相手にソーハラと認識されてしまうのでしょうか。

第一に挙げられるのが、上司や先輩から「友達申請」を送ることです。産業能率大学が2013年度の新入社員に対して行った「新入社員の会社生活調査」によると、上司からSNSで友達申請があった場合、「嫌だ」と思う人の割合は全体の43%に達しました。この傾向はとりわけ女性に強く、実に6割近くの女性が上司とSNSでつながることに不快感を持っているといいます。本音では嫌だと思っているのに、立場上断りにくいわけですから、相手にとってはストレス以外の何物でもないでしょう。

二つ目は、自分の投稿に対する「いいね!」評価やコメントの強要です。コンサルティング会社のエルテスがSNSの利用者を対象に実施した調査によると、Facebookなどで上司から「いいね!」やコメントを強要された経験がある人は全体の約2割。1割以上の人が、1週間に一回以上「いいね!」などを強要されていると答えています。

さらにもう一つ、相手の不快感を煽りやすいのが、部下の投稿内容などSNSの話題をリアルの場に持ち出すことです。先述のエルテスの調査では、部下が投稿している内容を部下の前や公衆の面前で公表したことがある、と回答した人が2割近くもいました。上司としては部下との距離を縮めようとして、何気なく会話のネタにしたつもりが、相手にとっては大迷惑。プライバシーの侵害ととられることも多いようです。

同じSNSを使っていても、習熟度やSNS利用に対する考え方は人それぞれ。気軽につながることをよしとする人もいれば、公私を区別し、仕事上で利害関係のある人とつながること自体を嫌がる人もいます。部下からすれば、「この上司は良いけど、あの上司は嫌」などということもあるでしょう。とはいえ、業務を円滑に進めるためのコミュニケーションツールとして、ソーシャルメディアの重要性は、職場でも高まる一方です。だからこそ、プライベートと混同しないことが、最低限のルールとして求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ボスマネジメント
「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手か...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...

関連する記事

上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーションに関するアンケート結果から考察します。
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
無視できない、転職とSNSの付き合い方
企業と転職希望者を結ぶ人材紹介にとって重要なのは、やはりコミュニケーションだ。かつては電話や郵便が主流だったが、現在ではほとんどメールに置き換わっている。やがては、これが「SNS」へと移行する時代がやってくるのかもしれない。
2015/11/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
職場に“会話”はありますか?
何気ない会話のやりとりがポジティブな雰囲気を醸成することで、働きやすさは格段に向上します。今回は、パート・アルバイトとそれを束ねる上司の間の「会話」についての調査結果を報告します。
2018/09/19掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
パワーハラスメント
いつもお世話になります。 パワーハラスメントは、「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に」「業務の適正な範囲を超えて」「精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」であると認識しております。 たとえば、以下の項目が該当するような場合にパワハラと認められるのか、ご意見をいた...
面談を拒否する部下に関して
部下が上司との面談を拒んでいます。 これまで その上司が 何回か部下との面談を行おうとしてきましたが 取引先との打ち合わせが急に入ったり 業務が忙しくて時間がとれない、また突然の休み等で 何かと面談を先延ばしにされております。 面談の内容としては 本人の評価に関係することであり どのような話をさ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...