企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トウケイテキサベツ 統計的差別

「統計的差別」とは、侮蔑的な意図からではなく、過去の統計データに基づいた合理的判断から結果的に生じる差別のことです。労働者個々の能力を正確に把握できなくても、企業は過去の統計に基づき、労働者の業績と性別・年齢・学歴などの属性との関係について平均的な傾向がつかめるので、属性間で業績に明らかな違いがあれば、より業績のいい属性を持つ労働者を厚遇しようとします。このように経済合理性を求めて行動すると、結果として差別が生じる状況を「統計的差別」と呼びます。
(2014/7/14掲載)

統計的差別のケーススタディ

ガラスの天井も学歴差別も合理的な判断
統計をうのみにせず、個人に正当な評価を

統計的差別」の典型的な例としてよく挙げられるのが、男女間の雇用格差の問題です。意欲も能力もあるのに、男性には当たり前に与えられているキャリアアップの機会が、女性には同等に与えられていないという差別――いわゆる「グラスシーリング」(ガラスの天井)についても、その原因は、伝統的なサラリーマン社会の女性蔑視の風潮などより、むしろ統計的差別の理論によって説明できる部分が大きいといわれます。

女性を対象とした過去のさまざまな意識調査などの結果から、「6割の女性が出産を機に仕事を辞める」「女性の三人に一人は専業主婦になることを望んでいる」といった統計データが導き出されています。統計的に女性は男性より勤続年数が短く、離職率が高いと分かっていれば、企業が経済合理的に効率を追求して行動するかぎり、女性への積極的な投資は控えざるを得ません。これが過去のデータを根拠とした合理的判断から、結果的に生じる統計的差別です。

同じことが、学歴差別についてもいえます。企業の採用担当者が過去のデータを選考の根拠として重視する場合、例えば△△大学出身者より〇〇大学出身者のほうが入社後の業績が平均的に良かったという傾向が統計から顕著に表れていれば、一人ひとりの人材の意欲や能力は見極められなくても、〇〇大学の卒業生というだけで積極的に採ろうとするでしょう。それが会社の利益にかなうと考えるからで、△△大学が「嫌い」「劣っている」という気持ちはなくても、結果的に差別が生まれてしまうのです。

統計的差別によって不利を被る集団に属する人材は、その個人の能力や意識は高くても、属する集団の平均的傾向のせいでネガティブに評価され、正しく遇されていない可能性が高いといえます。能力開花の機会も与えられないまま、優れた人材が「この会社にいても仕方ない」と考えて離職したりすれば、本人にとってはもちろん、企業にとっても大きな損失となるのは間違いありません。

「どうせ辞めるだろう」と、離職率を根拠に女性への統計的差別を続けることが、実際の離職率の高さを助長しているのだという声もあります。こうした現象を、社会学では「予言の自己成就」と言います。「6割の女性が出産を機に仕事を辞める」「女性の三人に一人は専業主婦になることを望んでいる」といったデータをうのみにして、それを前提に女性を処遇することで、企業は大切な人材を失ってしまっているのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
ガラスの崖
「ガラスの崖」(glass cliff)とは、2004年に英エクセター大学のミシェル・ライアン教授とアレックス・ハスラム教授が提唱した造語で、「ガラスの断崖」「ガラスの崖っぷち」とも訳されます。業績が低迷し、危機的な状況にある企業では、男性よりも女性が、リーダー的な役職や幹部に起用される傾向にある...
離職率
雇用労働者の離職割合を示す数字。一定期間内に雇用関係が終了した労働者(離職者)の数を在籍労働者の数で割ったもので、厚生労働省では労働流動化を把握するための指標としています。

関連する記事

辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」 第五回 「女性」を活かせる会社でなければ生き残れない!
「男女雇用機会均等法」が施行されて以降、男女の格差がなく、女性にも開かれた職場づくりが企業の「努力義務」へと課されてきた。女性活用は、日本経済を支えていくという観点でも、極めて重要な課題なのである。女性活用にあたって私たちはどうしていけばいいのか。今回は、この...
2007/07/09掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

離職率の算出方法について
離職率の算出方法についてお伺いいたします。 3年以内の離職率を出したいのですが、どのように計算すればよろしいでしょうか。 お教えいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。
離職率について
つかぬ事をお聞きしたいのですが、世間一般的な離職率を知りたいのですが、教えて頂けますでしょうか。 裏返せば定着率です。よく新入社員の入社3年離職率は30%とお聞きしますが、知りたい事は新卒だけではなく 全従業員が対象の離職率を知りたいです。わかる範囲で結構ですので、宜しくお願い申し上げます。
女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
new

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...