無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ヒャクネンキギョウ 100年企業

「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国内証券取引所に上場する企業は469社。100年企業の大部分は中小・零細企業で占められています。
(2013/6/10掲載)

100年企業のケーススタディ

改元が引き起こした100年前の起業ブーム
「本業重視」など長寿の秘訣に海外も注目

2012年は「100年企業」の“誕生ラッシュ”が話題となりました。東京商工リサーチのデータによると、同年に創業100周年を迎えた企業はシャープ、JTB、カンロ、ヤンマーなどをはじめ、全国で1960社を数えました。前年(571社)の3.4倍に増加し、過去5年間で比較しても突出して多くなっています。なぜ急増したかというと、この年に100周年を迎えた企業の創業年は大正元年(1912年)、年号改元の影響が人心を一新し、起業ブームを呼んだからだと言われています。当時の新元号の「大正」を社名に冠した大正製薬、家具の大正堂も同年に100周年を迎えました。

100年以上続く長寿企業のうち創業が最も古いのは、世界最古の企業としてよく知られる社寺建築の株式会社金剛組(大阪府)です。業歴はじつに1400年以上。四天王寺建立のために飛鳥時代に創業されました。業歴の上位5社は以下の通りです。

●第1位 創業578年 株式会社金剛組(木造建築工事業)
●第2位 創業587年 財団法人池坊華道会(生花・茶道教授業)
●第3位 創業705年 有限会社西山温泉慶雲館(旅館、ホテル)
●第4位 創業717年 株式会社古まん(旅館、ホテル)
●第5位 創業718年 有限会社善吾楼(旅館、ホテル)

企業の“平均寿命”は約30年とよくいわれます。毎年、全国で約10万社もの新しい企業が生まれている一方で、廃業した企業の割合(廃業率)は6.2%と、長期的な増加傾向に歯止めがかかっていません。企業の優勝劣敗は今後も激しさを増すでしょう。そうしたなか、組織内・外の環境変化を乗り越えて会社を100年以上も続けるのは並大抵のことではありません。だからこそ日本にはなぜ100年企業が多いのか――長寿の秘訣に海外からも注目が集まっているのです。

08年5月、韓国銀行は「日本企業の長寿要因および示唆点」と題するレポートを発表しました。その時点で韓国内には、創業100年を超える企業は1896年創業の斗山と1897年創業の東洋薬品工業の2社しかなく、創業200年を超える企業は1社もありませんでした。レポートは、日本の老舗企業が長い歳月を耐え抜き“永続繁盛”している要因として「本業重視」「信頼経営」「透徹した職人精神」「血縁を越えた後継者選び」「保守的な企業運用」などを挙げ、それ以外に外国からの侵略が少なかったことや職人を尊重する社会の雰囲気といった外的要因も影響を与えたと分析しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード