企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒャクネンキギョウ 100年企業

「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国内証券取引所に上場する企業は469社。100年企業の大部分は中小・零細企業で占められています。
(2013/6/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100年企業のケーススタディ

改元が引き起こした100年前の起業ブーム
「本業重視」など長寿の秘訣に海外も注目

2012年は「100年企業」の“誕生ラッシュ”が話題となりました。東京商工リサーチのデータによると、同年に創業100周年を迎えた企業はシャープ、JTB、カンロ、ヤンマーなどをはじめ、全国で1960社を数えました。前年(571社)の3.4倍に増加し、過去5年間で比較しても突出して多くなっています。なぜ急増したかというと、この年に100周年を迎えた企業の創業年は大正元年(1912年)、年号改元の影響が人心を一新し、起業ブームを呼んだからだと言われています。当時の新元号の「大正」を社名に冠した大正製薬、家具の大正堂も同年に100周年を迎えました。

100年以上続く長寿企業のうち創業が最も古いのは、世界最古の企業としてよく知られる社寺建築の株式会社金剛組(大阪府)です。業歴はじつに1400年以上。四天王寺建立のために飛鳥時代に創業されました。業歴の上位5社は以下の通りです。

●第1位 創業578年 株式会社金剛組(木造建築工事業)
●第2位 創業587年 財団法人池坊華道会(生花・茶道教授業)
●第3位 創業705年 有限会社西山温泉慶雲館(旅館、ホテル)
●第4位 創業717年 株式会社古まん(旅館、ホテル)
●第5位 創業718年 有限会社善吾楼(旅館、ホテル)

企業の“平均寿命”は約30年とよくいわれます。毎年、全国で約10万社もの新しい企業が生まれている一方で、廃業した企業の割合(廃業率)は6.2%と、長期的な増加傾向に歯止めがかかっていません。企業の優勝劣敗は今後も激しさを増すでしょう。そうしたなか、組織内・外の環境変化を乗り越えて会社を100年以上も続けるのは並大抵のことではありません。だからこそ日本にはなぜ100年企業が多いのか――長寿の秘訣に海外からも注目が集まっているのです。

08年5月、韓国銀行は「日本企業の長寿要因および示唆点」と題するレポートを発表しました。その時点で韓国内には、創業100年を超える企業は1896年創業の斗山と1897年創業の東洋薬品工業の2社しかなく、創業200年を超える企業は1社もありませんでした。レポートは、日本の老舗企業が長い歳月を耐え抜き“永続繁盛”している要因として「本業重視」「信頼経営」「透徹した職人精神」「血縁を越えた後継者選び」「保守的な企業運用」などを挙げ、それ以外に外国からの侵略が少なかったことや職人を尊重する社会の雰囲気といった外的要因も影響を与えたと分析しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
グローバルニッチトップ企業
「グローバルニッチトップ企業」とは、比較的ニッチな分野に特化することにより、国際市場で競争優位を確保している超優良企業のことです。2014年3月、経済産業省は、グローバル展開に取り組む国内企業のうち、特定分野の製品や技術等に強みを有し、世界トップレベルのシェアと利益率を両立していると認められる企業1...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...