企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ストレッチ ストレッチ

「ストレッチ」とは、「引き伸ばし」という意味で、個人や組織の成長を促進するために、手を伸ばせば届くレベルではなく、背伸びをしないと届かない高い目標をあえて設定し、その実現に取り組むことをいいます。ストレッチによる人材育成では、現状と目標の間のギャップを意図的に拡大し、従来の手法の延長で改善や努力を重ねるだけではとても達成できない目標を与えます。そうすることで社員はおのずと最大限の能力を発揮し、新しいやり方や革新的な発想を生み出して、劇的な成果を上げると考えられています。
(2012/12/21掲載)

ストレッチのケーススタディ

成長への支援か、過大な要求か
育成上手は目標の引き上げ方に配慮

ストレッチ」は、ジャック・ウェルチ氏がGE(米ゼネラル・エレクトリック)に導入し、目覚ましい効果をあげたマネジメント手法としても知られています。一般的に経営課題の設定にあたっては、組織のもつ能力やキャパシティとの整合性が考慮されますが、GEのCLO(最高人材育成責任者)を務めたスティーブ・カーらの著書によると、同社では、組織の現状での能力水準をゆうに超える課題やゴールをストレッチと呼び、その達成への取り組みを奨励しています。一筋縄ではいかない困難と向き合うことで、これまでの自分たちの成功体験や問題解決の手法の限界を認めざるをえなくなり、業務の抜本的な改革が促進されると見込めるからです。

個人と組織の成長に資する一方で、ストレッチの設定は“両刃の剣”であるともいわれます。事前のアドバイスもフォローアップも乏しく、社員にあまりに高すぎる目標だけを課して突き放すなど、対応を誤ると組織のモチベーションが一気に失われかねないからです。

さらに、パワーハラスメントと紙一重であることにも留意しなければなりません。2012年1月に厚生労働省が明文化し、発表した職場の“パワハラ”の定義によると、パワハラの行為類型には「暴行・傷害」(身体的な攻撃)や「脅迫・名誉毀損・侮辱・暴言」(精神的な攻撃)など6種類があり、「業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害」(過大な要求)もパワハラにあたる行為として定義されています。ということは、上司が部下に対して能力を超える課題を与えた場合、上司は部下を成長させようというつもりでも、部下がそれを「遂行不可能なことの強制」と感じて主張すれば、パワハラと見なされる可能性もあるのです。

では、どうすればいいのか――高い目標に挑むことの大切さは自明ですが、OJTや経験学習に詳しい神戸大学大学院の松尾睦教授によると、若手人材を育てるのがうまい上司は、ストレッチの仕方、つまり目標の引き上げ方に工夫を凝らしているといいます。

共通するポイントは、(1)成長のイメージをもたせる(2)懸命に手を伸ばせば届きそうな目標を立てさせる(3)成長への期待を伝える、の三つ。若手のモチベーション高めるためには、自分が将来どういう人材に成長したいかを明確化させた上で、適度に困難な仕事や役割を与え、さらに「きみならこの目標を乗り越えられるはずだ」といった表現で期待を込めて励ますことが大切だと、松尾教授は述べています(ダイヤモンド・オンライン「若手『育て上手』なOJT担当者の秘密」より)。ストレッチとパワハラを分けるのは、日頃から部下に積極的に関わろうとする姿勢の有無なのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
人事マネジメント「解体新書」第115回 「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、 職場における「パワー・ハラスメント」の現状とは(前編)
近年、「パワー・ハラスメント(パワハラ)」がもたらすさまざまな弊害が関心を集めている。2019年5月には、パワー・ハラスメント防止を義務付ける関連法(パワハラ防止法)が成立。パワハラ防止に向けて、企業にはより適切な対応が求められることなったが、その実態はどうな...
2019/10/17掲載人事マネジメント解体新書
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事

関連するQ&A

パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
パワハラの対応について
会社の部下が上司にパワハラ行為を受けているとの 訴えが起きた時に、その上司がパワハラの実態調査に 当たるのは、利益相反になりますでしょうか。 また、どの部分で利益相反になるかもご教示お願いいたします。
パワハラ社員のビデオ撮影
社内でパワハラ行為をする社員の仕事ぶりを ビデオ撮影して、パワハラの証拠として記録してすることは、プライバシーの関係から 問題がありますでしょうか。 もちろん本人には分かるようにです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...