無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エンプロイメンタビリティ エンプロイメンタビリティ

「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということではなく、エンプロイメンタビリティには、良好な職場環境やキャリア支援の提供、説得力のあるビジョンなど、働き手のやりがいを喚起する総合的な企業の魅力が反映されます。
(2012/10/29掲載)

エンプロイメンタビリティのケーススタディ

人材の流動化に対応して魅力的な雇用主に
社員の“雇用されうる能力”の向上に取り組む、企業姿勢が重要

「企業の雇用能力」というと、企業がどれだけ多くの雇用を支えられるかという意味の雇用吸収力と混同され誤解を招きがちな表現ですが、そうではありません。「エンプロイメンタビリティ」は、企業が優秀な人材を“雇用しうる能力”という意味で使われ、いいかえれば、企業が優秀な人材に“選ばれうる能力”のことを表します。

このエンプロイメンタビリティに相対するのが、働き手一人ひとりが企業に“雇用されうる能力”“選ばれうる能力”を意味する「エンプロイアビリティ」(employability)という概念です。エンプロイアビリティとは、一つの組織内だけで通用する職業能力ではなく、企業の枠を超えて広く雇用市場で通用する個人の職業能力や専門能力のこと。雇用流動性が高く、景気動向に応じてレイオフ(一時解雇)も頻繁に行われるアメリカの企業社会では、“労働移動を可能にする能力”としていちはやく重要視されてきました。

ところがエンプロイアビリティ向上に力を入れると、当然のことながら、キャリア志向の強い働き手がいま所属している会社を飛び出す可能性は高まります。優秀な人材を獲得したり、組織に定着させたりすることも難しくなるわけです。近年は日本の雇用市場でも、若年層を中心に流動性が高まってきました。企業としては、労働者を「雇用する」ではなく、労働者に「選ばれる」という意識を持って魅力的な職場づくりを進めなければ、有為の人材の他社への流出は免れないでしょう。まさに雇用主としての魅力=エンプロイメンタビリティが問われているのです。

個人のエンプロイアビリティの向上に対応するために、雇用する企業の側もエンプロイメンタビリティを高める必要があるという構造の中で、優秀な人材に選ばれる魅力的な企業とはどのような組織なのでしょうか。一見矛盾するようですが、実は従業員のエンプロイアビリティ向上の支援に熱心であることが一つの大きな特徴として挙げられます。たとえ一部の人材が流出したとしても、エンプロイアビリティの高い従業員を育てようとする企業には、市場から新しく優秀な人材が流入してくるでしょう。彼らは、明確なキャリアデザインを持つがゆえに、安定した立場を保障されることよりも、OJTやOff-JTを通じて自らのエンプロイアビリティを高められることに魅力を感じるからです。

エンプロイアビリティとは労働市場における個人の市場価値であり、一方のエンプロイメンタビリティは雇用主としての企業の市場価値であるといえます。人材の流動化が加速する中、双方の価値を高め合うことが今後ますます重要になると考えられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
出向協定書

産業雇用安定助成金に対応し、在籍出向の契約を結ぶ際の出向協定書です。産業雇用安定助成金の必要事項に加え、出向において定めるのが望ましいルールを記載しています。

ダウンロード

関連するキーワード