企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】タスク イニシエーション タスク・イニシエーション

イニシエーションとは「加入儀礼」「通過儀礼」の意。人材開発の分野では、企業社会という新しい環境に足を踏み入れた新入社員が、組織に適応するためにくぐらなければならない試練や課題のプロセスを指します。とりわけ職場の仕事上の課題面での加入儀礼として、一定の成果を上げてみせることではじめて周囲に認められる経験を「タスク・イニシエーション」と呼びます。また仕事面での貢献とは別に、組織の人間関係になじむプロセス、すなわち職場という集団への加入儀礼を「グループ・イニシエーション」といいます。
(2012/10/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タスク・イニシエーションのケーススタディ

新人は“実力の発揮”より“信頼の蓄積”を
与えられた仕事を全うして初めて組織の一員

学校を卒業して就職し、会社で勤め始めた新人がどのようにして組織に適応し、企業人として一人前になっていくのか――。そのプロセスに関する研究は、経営学における組織行動論の大きなテーマのひとつです。入社したての新卒ビジネスパーソンの場合、誰もが多かれ少なかれ自分には可能性があると期待し、早くそれを実現したい、周囲から認めてもらいたいと望んでいるでしょう。しかし実際には、すぐに自分の実力を発揮できたり、可能性を誇示できる重要な仕事を任されたりすることはほとんどありません。

昇進・昇格など、将来の見通しについても想像以上に厳しいという現実がしだいに明らかになり、その結果、当初の期待と組織の現実とのギャップに本人が強いショックを受けてしまうことがよくあります。いわゆる「リアリティー・ショック」という状態で、深刻化すると離職にまでいたる可能性が少なくありません。言いかえれば、新人にとってこの理想と現実とのギャップを乗り越える過程こそが、会社になじみ、組織に適応するということなのです。

では、新人が会社になじむためには、どうすればいいのか。神戸大学大学院の金井壽宏教授は、そのヒントとして米国の産業心理学者D・フェルドマンが提唱した“二つのイニシエーション”の言説を引用し、「新人の間に一定のパフォーマンスを上げてみせるか、または組織への忠誠心や協調性を発揮してみせて、はじめて組織の中で一人前として認められ、自分なりの主張や提案ができるようになる」(『踊る大捜査線に学ぶ組織論入門』より)と述べています。前者の「一定のパフォーマンスをあげてみせる」が本稿で解説する「タスク・イニシエーション」(職場の仕事上の課題面での加入儀礼)、後者の「組織への忠誠心や協調性を発揮してみせる」が「グループ・イニシエーション」(職場集団への加入儀礼)にあたります。

例えば志望と異なる部署に配属され、コピーや電話取りなどの雑用ばかりやらされている新人が、「こんな仕事をするために入社したわけじゃない」という思いを募らせたとしても不思議はありません。近年の就職難を勝ち抜いてきた人材ならなおさらでしょう。しかし実際にはどんな仕事であれ、与えられた職務に全力で取り組み、求められる成果を上げて、組織に仕事で貢献できるようになること、すなわちタスク・イニシエーションをきちんとくぐりぬけることが、組織の一員として認められる一番の近道なのです。上司や先輩世代のビジネスパーソンなら、それは経験則として理解できる真理でしょう。

社会心理学者のE.P.ホランダーによって提唱された「信頼蓄積理論」も、革新的な提案が周囲の人々に受容されるためには、従来の集団の規範に従って業績を上げ、信頼を蓄積していくことが必要と述べています。タスク・イニシエーションとは、まさにこの「信頼を蓄積する」プロセスにほかなりません。もちろん新人を受け入れる組織の側にも、タスク・イニシエーションの重要性をきちんと説明し、それを乗り越えようとする本人の努力を積極的に支援する姿勢が求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
グループ・イニシエーション
イニシエーションとは「加入儀礼」「通過儀礼」の意。人材開発の分野では、企業社会という新しい環境に足を踏み入れた新入社員が、組織に適応するためにくぐらなければならない試練や課題のプロセスを指します。特に職場という、集団や人間関係への加入儀礼として、組織への忠誠心や協調性を示すことではじめて周囲に受け...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳しいお話を伺いました。
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...