企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ポジティブ フィードバック ポジティブ・フィードバック

人材育成や組織マネジメントにおける「ポジティブ・フィードバック」とは、リーダーやマネジャーがメンバーの仕事ぶりに対する評価をフィードバックする際の手法の一つで、被評価者の問題点よりもポジティブな面に注目し、望ましい行動や成長した部分を認めて伝えることによって動機付けを図ることをいいます。
(2012/9/24掲載)

ポジティブ・フィードバックのケーススタディ

手放しで誉めるのではなく具体的なコメントを
「良い点→悪い点」が前向きな姿勢を引き出す

フィードバックというと、一般的には相手の行動を“正す”指導の仕組みであると考えられています。つまり何らかの問題行動によってもたらされた、望ましくない結果や組織への悪影響をくり返さないために、その問題点を指摘したり、失敗の原因や不足している部分に本人の意識を向けさせたりして自覚と反省を促すわけですが、ネガティブな要素に焦点を当てるところから、正確にはこれを「ネガティブ・フィードバック」と呼んで区別します。一方、相手の行動の良い点をとりあげて誉めるのが「ポジティブ・フィードバック」です。多くの人が“フィードバック=ネガティブ・フィードバック”とイメージするのは、裏を返すとそれだけポジティブ・フィードバックが広まっていない、実践されていないということかもしれません。

神戸大学大学院経営学研究科の松尾睦教授は、著書『職場が生きる人が育つ 「経験学習」入門』で、育て上手の指導者の特徴の一つにポジティブ・フィードバックの活用を挙げています。単に“手放しで誉める”のではなく、そうすることで相手に自信を与え、問題点の改善に前向きに取り組む姿勢を促すことができるからです。松尾教授によると、次の三点がポジティブ・フィードバックの具体的なポイントになります。

(1) 成功失敗にかかわらず、まずは労をねぎらう
たとえ大きなミスがあっても、働きぶりや仕事内容のすべてが批判されるべきではありません。その人なりに努力したことをまずはねぎらい、「お疲れ様」の一言から入ることで相手はリラックスでき、評価を素直に受け入れる心の準備ができるのです。

(2) まず良い点を伝えてから、問題点を指摘する
良い点(成長した点)→悪い点(改善すべき点)の順番でフィードバックすることにより、「さらに成長してほしい」という期待を込めたメッセージを伝えることができます。

(3) 普段の仕事の中で、成長したと感じた部分を伝える
ポジティブ・フィードバックの機会は、定期的な進捗確認やミーティングの場にかぎりません。日常の仕事の中で、以前より成長したと感じた部分を何げなく伝えることも大切です。他人と比べるのではなく、本人の能力や技術の伸びに着目してプラス面をフィードバックしていくことが自信につながる、と松尾教授は述べています。

相手を褒めるのは意外に難しく、コメントに具体性がないと、褒められた側もしらけてしまいます。ところがミスや失敗など、悪い行動の具体例は些細なことでもすぐ目につくのに、良い具体例を見つけるのは難しいもの。“仕事は計画どおり進んであたりまえ、目標は達成できてあたりまえ”という固定観念にとらわれていると、メンバー個々の良い行動や成長の跡が見えなくなるのかもしれません。うまくいって当然ではなく、メンバーの努力なくして成功はあり得ないという発想をもって、仕事や組織全体を謙虚に見つめる姿勢が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

フィードバック
ビジネスにおけるフィードバックとは、行動や成果に対する評価内容を伝え、より良い結果へ導くための手法を指します。フィードバックには、上司と部下、プロジェクト内といった社内で行うものと、取引先や消費者など外部の第三者との間で行われるものがあります。
リアルタイムフィードバック
近年、同僚や部下の働きぶりに対して高頻度でフィードバックを行い、評価する「リアルタイムフィードバック」が注目されています。時間を空けずにその都度振り返りを行うことで、互いに振り返りや改善点をズレがない形で認識し合えるようになり、フィードバックの効果が高まるのです。また、チーム内のコミュニケーションの...
パフォーマンス・デベロップメント
「パフォーマンス・デベロップメント」とは、上司が部下の成長を支援して業績を最大化するという考えから生まれた、評価・マネジメント手法です。これまで企業で広く行われてきた、上司が部下の業績を管理し評価する「パフォーマンス・マネジメント」に対し、半年や1年に一度だった個人評価のプロセスを改め、年間を通じて...

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第8回】 在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします! 第8回は「在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?」という...
2020/10/23掲載編集部注目レポート
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

フィードバック面接と評価表
人事考課の後のフィードバック面接の中で、詳しい考課内容を記載した評価表は被考課者に見せないというのが原則である、と聞きます。 その根拠、あるいは条件付で見せる場合はその内容について、教えてください。
フィードバック面談のタイミングについて
いつもお世話になっております。 人事考課のフィードバック面談についてご教示下さい。 弊社では目標管理制度を導入していますが、人事考課が半期(6ヵ月)単位であるため、 目標面談、中間面談、フィードバック面談も半期に一度ずつ実施しています。 ここで問題なのが、フィードバック面談を実施する時期(タイミ...
振替休日取得について
当社では、休日出勤をした場合、振替休日を取らすことにしています。 ただ、自分の振替休日が溜まっていることを認識せず、 有休を使おうとする社員が多いため、 人事で休日出勤の回数を把握し、 本人にフィードバックしています。 この場合、何か月まで遡ってフィードバックしてあげることが必要なのでしょうか?...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...