企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャカイテキキギョウ 社会的企業

「社会的企業」とは、営利を目的とせず、事業を通じて社会的な目的の達成をめざす企業やNPOなどのことです。英語ではソーシャル・エンタープライズ(Social Enterprise)と呼ばれ、環境や福祉、教育など社会的課題の解決に経営やビジネスの手法をもって貢献すること――すなわち「ソーシャル・ビジネス」に取り組む事業体を指します。また、そうしたビジネスモデルを創出した起業家を「社会起業家」と呼びます。
(2012/7/30掲載)

社会的企業のケーススタディ

社会的で革新的かつ持続可能な事業を
日本では経営基盤や雇用の脆弱さに難

貧困問題、障がい者福祉、環境保護、地域再生、途上国支援――私たちの社会は今日、さまざまな課題に直面しています。かつては、政府や自治体が公共サービスの一環としてそうした社会的課題を管理し対応すべきだと考えられ、実際、その役割の多くは行政によって担われてきました。しかしすべての課題に対応しきれるわけではありません。まして国も地方も財政状況が悪化していく中で、公共サービスの民営化の流れが強まるのは必然といえるでしょう。

そして1980年代以降、時代と社会が解決を求める多くの社会的課題に対して、寄付や公的な支援だけに依存するのではなく、採算性をともなう自立的で持続可能なビジネスモデルを構築し、事業として継続的・安定的に取り組もうとする動きが、世界各地で興り始めました。利潤最大化を目的とせずに、社会的ミッションの達成を事業化する「社会的企業」の活動が広がっていったのです。マイクロクレジットといわれる無担保少額融資のしくみによってバングラデシュの貧困層の自立を支援し、2006年のノーベル平和賞を受けたムハマド=ユヌス氏のグラミン銀行がその典型例でしょう。

社会的企業という場合、実際には会社もあれば、NPOや協同組合も含まれ、決して特定の組織形態を表すわけではありません。むしろその役割やコンセプトに焦点をあてた概念といえます。非営利組織に詳しい明治大学の塚本一郎教授は、社会的企業の特性には、(1)誰も手をつけようとしなかった分野や問題に起業家精神をもってチャレンジする革新性(2)ビジネスとしての持続性と安定性(3)社会性と事業性、市場性と非市場性を組み合わせて自らのミッションを遂行するハイブリッド(複合的)な組織特性、の三点があると言います。

日本で社会的企業の考え方が普及し、本格的に注目を集めたのは今世紀に入ってから。2004年に発足したNPO法人フローレンスは、採算がとりにくく、誰も手をつけなかった「病児保育」という課題の解決を事業化し、経済的な価格でのサービスの提供を実現しました。また栃木県足利市の有限会社ココ・ファーム・ワイナリーでは、知的障がい者更生施設の園生の自立支援として、彼らが自家栽培した葡萄を原料に高級ワインを製造・販売、内外から高い評価を得ています。

しかし欧米の社会的企業が事業を積極拡大し、雇用創出にも貢献している現状と比べると、日本の社会的企業ではまだ福祉的就労である場合が多く、雇用との結びつきが弱いのが実状。これでは、経営も弱いといわざるを得ません。一方で、近年はCSR(企業の社会的責任)への関心の高まりを受けて、営利企業でも社会的視点から事業プロセスを改良するなど、社会性を向上させる取り組みが活発です。経営基盤を強化したいNPOなど非営利団体と、事業性だけでなく社会性も高めたい一般企業との補完的な協働に新たなソーシャル・ビジネスの可能性が期待されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
障害者雇用促進法
「障害者雇用促進法」とは、正式名称を「障害者の雇用の促進等に関する法律」と言い、障がい者の雇用義務に基づく雇用の促進などのための措置、職業リハビリテーションの措置などを通じて、障がい者の職業の安定を図ることを目的とする法律です。同法では、一定規模以上の企業に対し、法定雇用率とよばれる一定比率以上の割...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
豊富な事例とノウハウによって 障がい者雇用の成功を総合的かつ本質的にサポート
障がい者雇用は、労働政策によって唯一義務化された領域で、長らく「法定雇用率さえ守っていればよい」という考え方が一般的でした。その結果、障がい者定着率は一般雇用者と比べて低く、事業に貢献する戦力として活用するという発想はなかなか広まりませんでした。こうした障がい...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション

関連するQ&A

登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...