【ヨミ】バランススコアカード バランス・スコアカード

BSC(Balance Score Card)。企業や組織の目標を定め、その実現のために個々の目標を設定、管理、評価する目標管理・業績評価の一手法です。人事マネジメント分野では「戦略的目標管理制度」と呼ぶケースもあります。米国で考案されて、発展した経営戦略ツールですが、日本でも導入を目指す企業や自治体が増えてきました。
(2004/12/27掲載)

バランス・スコアカードのケーススタディ

大企業や自治体が相次いで導入
4つの視点から業績を評価する

ハーバード・ビジネス・スクールのロバート・キャプテン教授が経営コンサルタントのノーラン・ノートン博士とともに、1992年に『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌上に発表した業績評価のモデルが起源とされています。両氏は財務に偏った業績評価だけでは目先の利益を追い求めがちで、将来のマネジメントに必要な取り組みが見落とされてしまう危険性を指摘、「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「学習と成長の視点」の4つの視点から企業や組織の業績を評価する手法を提唱しています。

評価のポイントとなる4つの視点はそれぞれ独立しているのではなく、各指標間の因果関係に基づいて設定されることが求められます。従来の業績評価が結果の評価のみで、結果を生み出すためのプロセスを一切評価していないのに対して、BSCでは結果とプロセスのバランスを重視した評価になります。そのため、結果偏重で短期的な視点に陥りがちな目標管理制度を補完でき、また会社目標と部門目標のバランスや、株主・顧客・役員などのステークホルダーのバランスを維持しながら、組織変革の推進ができると言われています。

大手企業でBSCを導入しているのは、事務機器大手のリコーや飲料大手の宝酒造など、かなりの数に上っており、最近では地方自治体が導入する例も増えてきました。2004年度から導入した東京都千代田区の場合、区民生活部、保健福祉部、まちづくり推進部、環境土木部、教育委員会事務局の5つのセクションで、BSCの4つの視点をベースに15〜20の評価基準を設定、合計で100点になるような配点方法が取り入れられています。

BSCは中長期的な経営改革・戦略構築のツールであり、つねに経営トップがコミットし続けることが重要です。拙速に導入して失敗する例もあるため、試験的に一部組織に導入し、そこで成功させたうえで全社に導入している企業もあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード