【ヨミ】リアリティー ショック リアリティー・ショック

「リアリティー・ショック」とは、現実と理想のギャップに衝撃を受けること。企業においては新たに職に就いた人材が、事前に思い描いていた仕事や職場環境のイメージと、実際に現場で経験したこととの違いを消化しきれず、不安や幻滅、喪失感などを強め、ときに離職にまでいたる問題をいいます。新入社員だけでなく、ベテランも大きな環境変化に直面すると、リアリティー・ショックに陥ることがあるといわれます。
(2012/3/12掲載)

リアリティー・ショックのケーススタディ

新人の6割が入社1ヵ月で仕事に幻滅!?
最大の原因は上司や先輩との人間関係

新しく組織に所属する人に、組織内で必要な知識やスキルを修得させつつ、組織に順応させるプロセスを「組織社会化」といいます。新入社員は入社後、組織社会化を経て職場に適応していきますが、その過程で程度の差はあれ、リアリティー・ショックを感じる人は少なくありません。

マイナビが、2008年春に入社して1ヵ月経った新入社員313名を対象に実施した「リアリティー・ショックに関するアンケート調査」によると、入社1ヵ月でリアリティー・ショックを感じた新入社員は、「とても感じた」(16.6%)と「少し感じた」(46.3%)をあわせると、全体の6割以上に達しています。

リアリティー・ショックを感じたことで心理的にどんな影響があったかについては、「焦りを感じる」(36.0%)という答えが最も多く、次いで「会社に行きたくないと思うことがある」(35.5%)、「将来が不安で仕方ない」(29.9%)、「仕事をやめたいと思うことがある」(27.9%)という結果となり、リアリティー・ショックが早期離職のきっかけになりかねないということがわかります。

またリアリティー・ショックを感じたと回答した人を対象に、どんなことに対して感じたかを尋ねたところ、最も多かった回答が「社会人としての自分の能力」と「社内の人間関係」で、ともに42.1%。さらに社内の人間関係に悩んでいると答えた4割強の人に対して、誰との関係に悩んでいるかを尋ねてみると、多い順に「同性の先輩」(57.8%)、「直属の上司」(45.8%)が続き、以下「同性の同期」、「異性の先輩」、「異性の同期」という結果になりました。

理想と現実の違いにショックを受け、離職を考えるほど思い悩んでしまう――こうした傾向は“ゆとり世代”と呼ばれる最近の新人に特有かと思いきや、そうではありません。リアリティー・ショックという概念自体は、いまから半世紀以上も前に米国の組織心理学者のE.C.ヒューズによって提唱されました。ヒューズは、リアリティー・ショックは特に「組織の上司や同僚との関係性」から生じると述べています。

新入社員にとって、リアリティー・ショックはある意味避けて通れないものですが、それをきちんと受け止められるか否かは、周囲の上司や先輩の対応、フォローにかかっているといっても言い過ぎではありません。自分自身の仕事のやりがいやつらかった経験を通じて、新人たちにこれから与えられる業務の意味やミッションを粘り強く、噛み砕いて伝えていくことが大切です。また会社側も、配属先での受け入れ態勢に万全を期すべきでしょう。名刺はもちろん細かな備品にいたるまできちんと準備して、「組織は君を歓迎している」というメッセージを伝えるとともに、新入社員が「ここに自分の居場所がある」という安心感を得られるようにする必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード