企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジュウギョウインモチカブセイド 従業員持株制度

「従業員持株制度」とは、企業がその従業員に自社株を保有してもらうための制度です。従業員が持株会という常設機関を設立して、その運営を行うのが一般的です。会員である従業員の給与・賞与から天引きして積み立てた資金で自社株を共同購入し、会員は拠出額に応じて配当金などを得ます。上場企業では9割以上が実施していて、購入金額の一部を補助している会社も少なくありません。本制度の目的としては、(1)福利厚生の一環として従業員の資産形成を図ること、(2)安定株主を増やすこと、(3)従業員のロイヤリティや経営参画意識を高めること、などが挙げられます。
(2011/12/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員持株制度のケーススタディ

自社株購入を促すために奨励金を支給
拠出金の100%を付与するケースも

企業による福利厚生諸制度の実施状況をみると、経営環境の悪化に伴い福利厚生全般が縮小傾向にある中でも、「従業員持株制度」は高い実施率を維持していて、“資産形成”のための効果的な支援策として企業社会に定着していることがわかります。近年はそれだけにとどまらず、会社と従業員が協調して事業推進に取り組む一体感やモチベーションを醸成するための、きわめて重要なインセンティブとしても機能しています。だからこそ多くの企業が奨励金を支給するなどの便宜を与え、従業員に自社株式の取得を勧めているのです。

この奨励金は、会社側のいわば補助金です。仮に奨励金の率を5%とすれば、毎月1万円を拠出する場合はその5%の500円を会社が上乗せして、1万500円ずつ積み立てていくことになります。この部分は福利厚生にあたり、損金として処理することができるのです。東京証券取引所が発表した2009年度の従業員持株制度実施状況調査によると、調査対象となった上場企業の93.9%が奨励金を支給。拠出金1,000円に対する奨励金の平均支給額は76.47円で、率に換算すると平均8%弱でした。一般に多いのは5%とも言われています。

一方、こうした“相場”を大きく上回る水準の奨励金を支給する企業も現れてきました。ソフトウェアの開発・販売を手がけるサイボウズでは、拠出金に対して100%の奨励金を付与しているのです。同社の持株会には最低5,000円から加入でき、月額給与の10%を超えない範囲まで購入を申し込むことが可能。したがって月々2万円ずつ拠出している社員であれば、それと同額の2万円が奨励金として会社から付与され、併せて毎月4万円を株式の購入資金に充てることができるのです。

以前は同社も5%の奨励金でしたが、05年8月から100%に変更。そのおかけで従来は3割程度だった持株会への加入率が、9割にまで跳ね上がったといいます。しかし、自社株を購入すれば、従業員も会社にとってはれっきとした株主。その株主に100%の奨励金を支払うことは、一部の株主にだけ特別な利益を供与しているととられかねず、法的なリスクが高まります。同社では株主総会の際に、弁護士や大学教授など、利害関係のない第三者をアドバイザーとして招請。そのうえで持株会に対して議決権に関する説明をきちんと行い、その正当な行使を促すなどしてリスクの回避に努めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

持株会
持株会は従業員の福利厚生の一環として位置づけられ、近年では、経営側と従業員をつなぐ施策としての意味合いも持ち始めています。ここでは、持株会の概要や仕組み、会社・従業員それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。
マッチングギフト
「マッチングギフト」とは、企業や団体などが社会貢献を目的として寄附や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やした上で寄附する上乗せ贈与制度のことです。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、会社が従業員か...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...

関連する記事

慶弔見舞金の実態 ――結婚、出産祝金の支給状況
『労政時報』が実施した「慶弔見舞金、休暇制度に関する実態調査」の結果から、慶弔見舞金、中でも結婚、出産などの祝金について、会社・共済会の給付主体別に支給状況や水準を取り上げます。
2007/09/21掲載人事・労務実態調査
会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

住宅を購入した際の奨励金について
お世話になります。 会社の制度で、住宅を購入した際に奨励金(一時金)を支給しています。 本所得の区分ですが、「給与所得」でしょうか?それとも「一時所得」となりますでしょうか。 お手数をおかけしますが、ご教授の程宜しくお願いします。
従業員持株会 奨励金
お世話になります。 当社は従業員持株会があり、月例奨励金を「100%」、 賞与奨励金を「月例奨励金の2倍」としております (一口1000円)。 現在、見直しを行っておりまして、世間の相場を把握 したいと思い、調査をしております。 月例奨励金は東証の調査結果によると5%が多数とあり ますが、一方...
1人だけ賞与支給
当方、従業員が10人未満の小さな会社です。 7月と12月に賞与支給をしていますが、このたび設立時より会社に貢献している社員に対し、 一時金を特別賞与と言う形で支給して欲しい、と社長より言われました。 時期は6月ですが、1人だけ賞与支給することは問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...