企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スーパークールビズ スーパークールビズ

「スーパークールビズ」とは、東日本大震災の影響によって今夏は電力不足が予測されることから、“室温28度設定”“ノーネクタイ・ノージャケット”など、従来のクールビズをさらに徹底する取り組みのことです。より一層の軽装化や暑さをしのぐ日常の工夫など、節電に貢献しながら、夏場のオフィスでも涼しく効率的に働くためのビジネススタイルを意味します。
(2011/6/13掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパークールビズのケーススタディ

ポロシャツにTシャツ、ジーンズもOK!?
環境省のPRにも世間の反応は今ひとつ…

東京電力福島第一原発事故の影響で、今夏は過去最大の電力不足が懸念されることから、環境省は今年5月に「スーパークールビズ」を提唱しました。6月からは省内で率先的に実行し、他省庁や民間への普及・啓発を進めています。

具体的な取り組みとしては、オフィスの室温を28度に設定しても快適に働けるような一歩踏み込んだ軽装――たとえば現行のクールビズでは、半袖ワイシャツにノーネクタイなど、フォーマルな服装を多少ドレスダウンする程度のスタイルが基本ですが、スーパークールビズでは、ポロシャツやアロハシャツといったカジュアルウエアも職場での服装として許容し、冷房に依存しない環境づくりを促しています。同省が職員向けに定めた服装規定では、かりゆしシャツやチノパンのほか、昨年までは認められていなかったTシャツやジーンズ、スニーカーやサンダルでの勤務も可とされました。スーパークールビズではファッションだけでなく、勤務時間の朝型へのシフトなどワークスタイルの変更も推奨されています。

もっとも、環境省の懸命なPRにもかかわらず、民間の反応は今ひとつのようです。社会全体の省エネ意識は高く、今夏は大手企業の大半が従業員にノーネクタイ・ノージャケットを推奨しているものの、Tシャツやポロシャツのような思い切った軽装までは許容していません。自社で販売するスーパークールビズ向けの衣料品を社員が社内で着用することを奨励するイオンや、白いポロシャツに限って着用を認めた飲料メーカーの伊藤園、直営店で一斉にスーパークールビズを導入する賃貸住宅仲介大手のアパマンショップなどの例も出てきていますが、現時点でそこまで踏み込んでいるのは少数派。「お客様の前で極端にくだけた格好はできない」というのが、多くの企業に共通する姿勢のようです。

なお、環境省が例示するクールビズやスーパークールビズの服装は主に男性による着用を想定しています。というのも、女性向けのガイドラインは男性向けより線引きが難しいため、作成されていないのです。実際の職場でも夏場、女性社員にノースリーブでの勤務を許容するかどうかなど、個人のプライバシーやセクシャルハラスメントの問題なども絡んで、判断に迷う場面は少なくありません。女性社員や管理職からヒアリングを行い服装規定について見直すなど、全員が納得した上で快適に働ける職場環境の整備に努めるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

クール・ビズ
COOL BIZ。政府が普及を呼びかけている、ノーネクタイ、ノー上着を中心とした夏のビジネス用軽装の愛称のこと。地球温暖化防止のために、夏のオフィスの冷房設定温度を抑えて節電し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすのが狙いです。
ウォームビズ
WARM BIZ。秋や冬は厚着をして、室内暖房温度を低めの20度に設定しようという環境省の地球温暖化防止キャンペーンの愛称です。ノーネクタイ、ノー上着の軽装を勧めた夏の「クールビズ」の秋冬版と言えます。
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...

関連する記事

テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさ...
2018/08/06掲載人事白書 調査レポート
職場のストレスをどう解消している?メンタルヘルス対策の最新実態を探る
実務担当者にとってメンタルヘルス対策は無視できない問題となってきましたが、その取り組みは今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業のメンタルヘルス対策をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/07/11掲載人事・労務実態調査
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

介護休業取得応援奨励金 - 東京しごと財団 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。