企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ダイアローグ ダイアローグ

一般に「対話、対談」と訳されますが、人材育成や組織開発の分野で用いられる「ダイアローグ」(dialogue)とは、たんなる情報のやりとりではなく、話し手と聞き手とが理解を深めながら、互いに共感や意識・行動の変化を引き出し合う創造的なコミュニケーションのあり方を指します。近年、組織における学びや創造、問題解決、ビジョンの共有などに有効なアプローチとして注目を集めています。
(2011/2/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイアローグのケーススタディ

伝わらない職場のコミュニケーション
相互理解と行動変容には「対話」が不可欠

「理念や方針が組織に浸透しない」「職場での知識の共有、伝承が進まない」「役割分担や責任の所在が不明確で、社員が自律的に動きにくい」――組織を運営していく上で、さまざまな悩みを抱えている企業は少なくありません。教育学の観点から「企業で働く大人の学びや成長」を研究している東京大学・大学総合教育研究センターの中原淳准教授は、こうした諸問題には共通点があると指摘します。根源的にはすべて「組織内のコミュニケーションのあり方」に原因があり、そこを見直すことで解決に至る可能性が高いというのです。

インターネットにメール、携帯端末……コミュニケーションをたんなる情報伝達ととらえる限り、ビジネスの現場には、コミュニケーションを促し、効率化するためのツールやスキルがあふれています。文書や資料の類はパワーポイントで美しくロジカルにビジュアル化され、理念や行動指針もミッションという手法で簡潔に言い表されるようになりました。しかし利便性やわかりやすさをとことん追求しているにもかかわらず、実際には伝えたいことが伝わらない、頭ではわかっても腹に落ちない、そうしたコミュニケーション不全を多くの人が、職場で感じているのではないでしょうか。

では、“伝わらない”組織内のコミュニケーションのあり方をどう見直せばいいのか。注目されているのが「ダイアローグ」(対話)のアプローチです。「対話」と、「会話」や「ディスカッション」は似て非なるもの。中原准教授によると、「会話」が通常のおしゃべりであり、たんなる情報交換であるのに対して、「対話」とは人々がものごとや互いの立場を理解しあったり、わかったことを行動に移したりする、そのきっかけになるような「創造的なコミュニケーション活動」であると位置づけられるとのこと。「対話」は何かを決めたり、そのために互いの意見に優劣をつけて結論を出したりすることを必ずしも目的としません。私たちが慣れ親しんでいる「ディスカッション」では、設定されたテーマに対して最終的な意思決定を下すために、いくつかの選択肢の中のどれが正しいのか、論を戦わせて評価するというのが普通ですが、「対話」はまったく違うプロセスをとります。むしろもっと他の選択肢や視点はないのか、評価の基準やテーマの設定そのものに再吟味の余地はないのかといった、さらなる探究の方向へ話し合いを深めていくのです。日々の会議などでは「わが社にとって何が問題で、何が重要なのかくらい、みんなわかっているだろう」といった暗黙の了解があるせいか、そうした深いプロセスに至ることはほとんどないでしょう。

正しいか正しくないか、安易に評価するのではなく、また特定の結論をあてがうのでもない。互いの考えを深めあい、どこまでも探求し続けるコミュニケーションの形。それが「ダイアローグ」の本質です。中原准教授は、個人も組織も「対話」することで学び、成長し、変わることができるといいます。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第59回 「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(前編) ~信頼に基づく話し合いが、組織を活性化する~
チームとして成果を出すために、人々をまとめ、鼓舞し、組織の活力を高めていく手法である「対話(ダイアローグ)」が注目されている。ただし、これは従来型の以心伝心によるコミュニケーションではない。対話とは、創造的なコミュニケーションであり、単なる雑談や議論とは異なる...
2012/08/27掲載人事マネジメント解体新書
中原淳さん なぜ伝わらない、わからない、誤解だらけの職場コミュニケーション
東京大学 大学総合教育研究センター 准教授の中原さんは、「OJTが機能しない」「現場に理念が浸透しない」「社員がキャリアを描けない」などの問題の根には、「組織内のコミュニケーション不全」があると指摘します。では、どうすれば解決できるのか。「大人の学びを科学する...
2009/08/31掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「社内コミュニケーション」をいかに活性化させていくか?~「不機嫌な職場」から脱却する方法
昨年来の景気の急激な悪化とともに、雇用状況が一転、職場を取り巻く環境が様変わりしてきた。それ以前からも行き過ぎた成果主義の弊害や長時間労働など、働く人に対するストレスが強くのしかかってきており、「不機嫌な職場」に代表されるような職場におけるコミュニケーション不...
2009/03/09掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...