無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】キャリアデザイン キャリアデザイン

「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
(2010/11/8掲載)

キャリアデザインのケーススタディ

「自分のキャリアは自分でつくる」が新常識
企業も多様なキャリア開発施策で支援すべき

日本の企業社会においても、終身雇用はもはや常識ではありません。自分の職業人生の舵取りを会社任せにしていられた時代は、確実に終焉を迎えています。自分のキャリアは自分で描いて実現する――キャリアデザインの重要性は高まる一方です。

また企業にも、仕事に対するモチベーションを高める上で、社員の主体的なキャリアづくりを支援し、一人ひとりがどのようなキャリアデザインを描いているのかを正確に把握することが求められます。何を重視して仕事に向き合っていくタイプなのか、仕事を通じて何を実現したいのか、キャリアに対する本人の志向性や価値観を理解すれば、何がその人を動かす動機になるかも明らかになる場合が多いからです。

企業が社員のキャリアデザインを支援するために行う具体的なキャリア開発施策としては、大きく次の三つが挙げられます。

一つ目は、社員が自らのキャリアについて深く考える機会を設け、本人が潜在的に持っている志向性や価値観への“気づき”、自分のスキルや得意分野への自己理解を得ることを支援するための施策です。たとえばキャリア開発研修やキャリア・カウンセリングなどがこれにあたります。

二つ目は、個人の希望と組織の目標や方向性とのすり合わせを行うための施策です。組織で働いている以上、常に自分の望む仕事や職場環境に就けるとはかぎりません。また、自分らしいキャリアを追求するあまり組織から孤立してしまっては、キャリアデザインも絵に描いた餅になってしまいます。やりたい仕事と求められる役割をなるべく一致させることが、個人にとっても組織にとっても望ましい。具体的には、企業が社員に求める能力要件や人材像を明確に打ち出したり、キャリア面談や目標管理制度など上司と部下がキャリアについて調整するしくみを設けたり、上司・先輩がキャリアアドバイザーやメンターとして若手社員にアドバイスしたりするといった施策が導入されています。

三つ目は、社員が自らのキャリアデザインに沿って、仕事や働き方を主体的に選択することを支援するための施策です。具体例としては、自己申告制度や社内公募制度、社内FA制度など、社員が希望する職種や仕事を自ら申告し、応募できるしくみが挙げられます。また従来の<一般社員→管理職>というラインに縛られることなく、専門職制度や地域限定社員制度など、社員が自分に合った働き方を選べるようにステップアップの選択肢を広げる“キャリアの複線化”も、社員の主体的なキャリアデザインをサポートする施策の一つといえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード