企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クロスファンクショナルチーム クロスファンクショナルチーム

クロスファンクショナルチーム(Cross Functional Team、以下CFT)とは、全社的な経営課題を解決するために、部署や役職にとらわれず、場合によっては社外からも必要な人材を集めて構成されるチームのこと。通常は一時的なプロジェクト形式で編成されますが、正式部署として定常的に設置される場合もあります。部門横断的な協働や専門知識の共有が促されるため、セクショナリズムの弊害で硬直してしまった組織の経営・業務改革や、体制刷新に効果があるといわれます。
(2010/8/2掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロスファンクショナルチームのケーススタディ

ゴーン改革を成功させた部門間協働
「他責の文化」を払拭して組織を再生

CFTといえば、日産のカルロス・ゴーン社長のマネジメント手法を思い浮かべる人が多いでしょう。同社をV字回復に導いた再建計画――NRP(日産リバイバルプラン)の策定に際して、その実行主体となったのがCFTでした。いわゆるゴーン改革の要諦は、CFTの設立および活用にこそあったといっていいでしょう。

1990年代、同社が深刻な業績不振に陥った背景には「顧客志向の欠如」があったといわれます。ゴーン社長によれば、そもそも企業に対する顧客の要求はクロス・ファンクショナル(部門横断的)であり、コストの問題にせよ、品質や納期の問題にせよ、一つの機能、一つの部門だけで解決できるものではありません。にもかかわらず、かつての日産の組織には「他責の文化」――誰もが何かが間違っていると感じながら、問題は自分たちの部署にあるのではなく、他の部署にあるのだ、と互いに責任をなすりつけ合うセクショナリズムや縦割り意識がはびこっていたといいます。ゴーン社長は、こうした「他責の文化」を払拭するために9つのCFTを立ち上げ、抜本的な改革に乗り出したのです。

取り組んだテーマは「事業の発展」「購買」「製造・物流」「研究開発」「マーケティング・販売」「一般管理費」「財務コスト」「車種削減」「組織と意志決定プロセス」の9つ。NRP発表後に、新しく「設備投資」の項目も加わりました。

CFTは決断を下す機関ではありません。テーマについての検討、解決策の提案がミッションであり、日産でも、提案に対して実際に判断を下すのは経営委員会の権限でした。各10人程度で編成された同社のCFTでは、3ヵ月の活動期間中に合わせて2,000件ものアイデアが検討されました。それらがNRPとしてまとめられたのです。

日本では日産の成功によって一躍有名になりましたが、もともとCFTの考え方自体は、80年代に世界市場を席巻していた日本企業の競争力の源泉であるとして、主にアメリカで理論化されたものです。元来、わが国の製造業の現場では非公式なコミュニケーションが頻繁に行われ、自然発生的に部門間の情報共有が実現していました。欧米の研究者は、そうした活発な部門間協働が、高い生産性と品質を達成する要因であると考えたのです。その意味で近年のCFTへの注目は、日本企業本来の強みの“逆輸入”といえるかもしれません。

とはいえ、CFTそのものはあくまでもマネジメントのツール。それを機能させるにはトップの強いリーダーシップが求められることはいうまでもないでしょう。トップ自らが組織に染みついた固定観念と決別し、改革にコミットする意図を明確に示すこと――それこそがCFTの取り組みを成功させるカギです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...

関連する記事

前屋毅さん 「外国人経営者」と「日本人社員」の企業再生コラボ
企業の再生を「外国人経営者」に頼ってもうまくいかない、下支えする「日本人社員」が必要だ――日産自動車の再生のドラマを追った『ゴーン革命と日産社員』の著書があるジャーナリスト、前屋毅さんはそう強調します。
2005/07/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 高尾の森わくわくビレッジ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。