企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カタガワリホウ 肩代わり法

肩代わり法とは、2010年5月に成立し、同7月からスタートする改正健康保険法の通称です。同法は、中小企業の社員が加入する協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)の保険料アップを抑えるために、3年間の特例措置として、大企業中心の健康保険組合に負担増を求めるもの。協会けんぽに対する国の財政支援の一部を、健保組合や公務員らの共済組合が事実上「肩代わり」する形になったことから、肩代わり法と呼ばれています。
(2010/6/21掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩代わり法のケーススタディ

財政難にあえぐ協会けんぽの救済法
大手企業の健保組合が負担を「肩代わり」

長引く不況下での給与減に伴い、医療保険の保険料収入は激減しています。中小・零細企業の加入が多い協会けんぽは財政悪化が著しく、新法成立前の試算によると、赤字額は09年度見込みで約6,000憶円に拡大。8.2%(全国平均、労使折半)の保険料率を9.9%にまで引き上げないと、10年度には破たんする見通しでした。政府では、この保険料率の上昇を9.34%に抑えるために、協会けんぽへの国庫補助率を現行の13%から16.4%に増やすことに決定。しかし財政難は政府も同じ、協会けんぽの救済に要する国費の増額分を既存の財源だけで賄うことはできません。そこで目を付けたのが、健保・共済組合や協会けんぽなどが負担している後期高齢者医療制度への支援金です。

新制度では、この後期高齢者医療制度支援金(10年度計3兆5,500億円)の算定方法を変更。従来は健保、共済とも各組合への加入人数に比例した金額を拠出していましたが、一部を給与に応じた額とし、人数にかかわらず給与総額が高ければ負担が増えるしくみに改めました。これにより、健保と共済の支援金はそれぞれ500億円増、350億円増となり、協会けんぽの負担分は逆に850億円軽減されることになりました。この協会けんぽが拠出する支援金も16.4%は国費で賄われますが、新制度では給与総額に応じて支払う分への国庫補助がなくなるため、900億円の国費が浮くことに。これが、協会けんぽの保険料率抑制に充てられるわけです。

新制度の導入により、全体で500億円の負担増となる健保組合も、給与水準の低い3分の1強の組合は負担減となります。しかし健保組合もまた不況にあえいでいます。健康保険組合連合会(健保連)によると、10年度は新制度抜きでも、約9割にあたる1,295組合が赤字になる見込みです。赤字総額は過去最大の6,600億円にのぼり、352組合が保険料のアップを予定しています。すでに大手では、NECが09年4月から6.7%の保険料率を1%引き上げて7.7%にしています。ソニーは0.2%増の6.2%、デンソーは0.8%増の7.0%、カシオ計算機、セブン&アイ・ホールディングスはそれぞれ1%増の7.7%、8.2%に引き上げています。また西濃運輸や京樽のように、保険料率を引き上げても組合を維持することが難しく、解散に追い込まれるケースも相次いでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
労働保険
労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の2つの保険をまとめた総称。前者は業務中や通勤途上の災害によるケガや病気に対する補償を、後者は失業した場合の給付などを行う制度です。
メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

健保組合加入について
弊社では、健保組合加入を検討しておりますが、昨今、健保組合の存続について議論が出ていますので、加入を躊躇しております。 加入にあたり、注意をしたらいい点などご教授いただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
保険料について
弊社では社員の保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・介護保険料)について、通常折半であるところを会社側負担を大きくしています。 例えば 健康保険 会社負担7  社員負担3 介護保険 会社負担7  社員負担3 厚生年金 会社負担6  社員負担4 雇用保険 会社負担6  社員負担4 となってお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]
分類:[ 安全衛生 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。