企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンジシステム 人事システム

人事システムとは、ITによって個々の従業員に関する人事情報を一元的に記録・管理し、人材の計画的な配置や異動、育成、能力開発など、人事管理業務全般の最適化、円滑化に活用する経営情報システムのことです。近年は自社開発よりも、一般的に短期間かつ安価でシステムを構築できる利点から、製品化されたパッケージソフトの導入が広く普及しています。
(2010/5/10掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事システムのケーススタディ

給与計算から人材戦略までカバーする情報インフラ
拡張性・柔軟性の高いERPの活用が主流に

日本企業の場合、人事部門がおもに利用するシステムといえば、もともとは「給与計算システム」でした。従業員の給与を計算して支給するためには、個々の人事情報が必要になります。いまでも人事関連のシステムを総称して「人事・給与システム」と呼ぶことがあるのはそのためで、実際、給与計算ソフトから派生する形で人事情報システムを製品化したという歴史を持つベンダーも少なくありません。

したがって従来の人事システムは、給与計算や勤怠管理、法定帳票作成など事務処理・勘定系の定型業務の効率化を目的とし、とくに国産のパッケージソフトにはそうした基本機能を重視する傾向がありました。近年はそれだけにとどまらず、さまざまな人事情報を収集、管理、加工し、経営判断に活かす目的でのシステム導入が増えています。また給与計算が中心だった時代には、扱う情報の性格上、人事部門だけの“機密システム”というイメージがありましたが、現在は活用の幅が広がり、現場への人材マネジメントの移行やシェアードサービス化といった経営戦略の変化にも対応できるオープン型・分散型のシステムへの展開が進んでいます。

そうした戦略的なニーズに合致する製品として、大企業を中心に普及・定着しつつあるのが「ERPパッケージ」です。ERP(Enterprise Resource Planning)とは、ヒト・モノ・カネ・情報など、企業内のあらゆる経営資源を統合的に管理し、最適に配置・配分することで効率的な事業活動を行おうという経営手法。このコンセプトを実現するための情報システムを構築するパッケージソフトウェアがERPパッケージで、具体的には財務、会計、人事、生産、調達、在庫、販売といった企業の基幹業務全体を包括する機能が網羅されています。このERPの人事モジュール(機能)は、定型業務の効率化だけでなく、人事のさまざまな要望に応える情報管理機能を用意。人事以外の領域の、他のモジュールでカバーしている情報と組み合わせることによって、経営判断に直結する戦略的なデータの抽出・活用を可能にするのがERPの強みです。

基幹業務を統合するERP以外に、人事・給与に特化したパッケージソフトも多数存在します。いずれにせよ人材戦略に関わる分野は、定型業務と異なり、各社の独自性が反映されると同時に経営環境の変化にも影響を受けがち。経営陣や現場にもデータを提供し、戦略的な人事部門として機能するための情報インフラとして、人事システムを位置づけるのであれば、柔軟性、拡張性の高い製品を選ぶ必要があるでしょう。ERPの人事モジュールであれ、人事給与専門のソフトウェアであれ、あらかじめパッケージされた基本機能だけですべてに対応しようとすると運用に無理が生じ、結局、肝心の部分は手作業で……ということにもなりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

戦略人事
「戦略人事」とは、企業経営において、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることで競争優位を目指そうとする考え方、およびそれを実現するための人事部門の機能や役割などを包括的に示す用語です。今までも人事部門には、事務処理や労務管理などの定型的なオペレーション業務だけでなく、人的リソースの適正配置や...
ERP
情報の一元管理は、企業経営における重要なキーワードになっています。なかでも、業務効率化や意思決定スピードに影響するシステムの整備は、企業の変革に大きな意味をもたらすものと位置づけられます。こうした情報戦略の要になるものとして、大企業、中小企業ともにERPの検討・導入が進んでいます。ここでは、ERPが...
データドリブン(data driven)
「データドリブン」(data driven)とは、ビジネスなどにおいて得られたさまざまなデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料として役立てることをいいます。特にビッグデータを活用し、データによって現状を正しく可視化することで課題解決に結びつける考え方です。近年、データ分析技術が進歩する中で、マー...

関連する記事

94.3%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、「戦略人事として活動できている」企業はわずか32.2%
最近、経営戦略と人事部門が連動する「戦略人事」の重要性が叫ばれている。その実態について調査した。「戦略人事は重要である」と感じている割合は、「強く感じる」(59.9%)「感じる」(34.4%)を合わせて94.3%。「人事部門が戦略人事として活動できている」と感...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
95.2%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、戦略人事として活動できている企業はわずか25.8%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。現在の人事部門は、経営と連動する戦略人事の重要性を強く認識しているが、その認識と実態は大きく乖離しているようだ。戦略人事が実現できない要因について、人事部門の痛烈な叫び・嘆きの声が多く挙がっている。
2016/07/04掲載人事白書 調査レポート
64.3%の人事担当者が現在の仕事に満足。しかし、自社の人事担当者の育成体制に満足しているのは14.0%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。人事担当者個人としてのキャリアについて調査を行った。現在の人事の仕事に対する満足度、人事担当者としての成長に対する満足度は比較的高かったが、自社における人事担当者の育成体制に対する満足度は低かった。
2016/07/20掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

人事情報システムについて
人事情報システムの導入を検討中です。 ①異動等を検討する際に人事情報として必要な情報は、年齢、学歴、職歴、異動歴、資格等が考えられますが、他に一般的に人事情報として利用されている情報を教えて下さい。 ②一旦、Access等で作成する場合、各社様が開発されている人事情報システムを購入し、インポートがう...
人事について
掲題について人事の先輩の皆様へご相談です。 企業における人事の存在って何でしょうか? 人事の大義って何でしょうか? 勤務してから約1年たっただけですが..まだまだ半人前の私です。 この意味を少しでもいいのでご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。
海外人事管理にかんして
海外人事に関する情報を集めたいのですが何かいい書籍と情報を提供している官公署ありましたら教えてください。特にアメリカは急ぎで調べたいのですが。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成
new

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...