企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ベーシックインカム ベーシック・インカム

ベーシック・インカム(Basic Income,以下BI)とは、個人が最低限の生活を送るために必要とされる基本的(ベーシック)な所得(インカム)を現金給付の形で保障する制度。年齢、所得、資産、勤労の意志などに関係なく、国民なら誰でも毎月一律の給付金を受けられるのが特徴です。一律所得保障、あるいは基礎所得保障とも呼ばれます。
(2010/4/19掲載)

ベーシック・インカムのケーススタディ

すべての国民に最低限の生活を保障
セーフティネットの整備で労使ともにメリット

長引く不況、雇用の悪化、広がる格差――こうした不安を解消する政策の有力な選択肢として注目を集めているのがこのBIです。現金給付によって国民一人ひとりに最低限の生活を保障しようというアイデアの起源は古く、18世紀末には、イギリスの社会思想家トマス・ペインによって、唱えられていたとされます。以後、現実の政治で陽の目をみることはなかったものの、1980年代から欧州を中心に議論が再燃。日本でも、2009年8月の衆議院選挙において新党日本がBIをマニフェストに掲げ、鳩山由紀夫首相も国会で「(BIは)検討されるべきだ」と答弁するなど、ここへきて盛り上がりを見せています。現政権の目玉政策である「子ども手当」も、限定的なBIだといっていいでしょう。

誰でも無条件に、一定の所得が保障されるとなれば、貧困問題の解消など福祉の拡大に向けた効果ははかりしれません。生活のために仕方なく働いていた人は、不本意な仕事や劣悪な職場環境、失敗を恐れて夢を諦めざるをえない閉そく感から解放されるでしょう。労働者の地位向上も期待できます。BIに詳しい京都府立大学の小沢修司教授は「働いたその収入で生活できるという資本主義の前提はすでに壊れ、安定した雇用がいつ不安定になるかわからない。そんな時代に社会保障制度の機能不全を解決する根本的な発想の転換策」だと評価します。しかしそんな大盤振る舞いが可能なのか、財政悪化に拍車をかけるバラマキではないのかという疑問はぬぐえません。

財源としては、おもに所得税が有望視されています。BIの支給によって代わりに扶養控除や配偶者控除が不要になり、課税対象額が現在の2倍以上に増えるためです。また、年金や生活保護、児童手当てといった既存の社会保障もBIに一元化できるので、行政コストの大幅削減が可能です。小沢教授の試算では、所得税の累進課税を廃して税率45%の単一比例課税にすることで、1人あたり月額8万円を支給できるとしています。BIを導入すれば、税率をこれほど引き上げても、たとえば年収700万円で子ども1人の世帯なら収入は増える計算になり、シングルの場合は年収300万円を超えると収入が減ることになります。BIが、少子化対策としても有効と期待されるゆえんです。

そしてもうひとつ。誰にでも一定のセーフティネットが用意されることのメリットは、働き手だけでなく、実は企業側にとっても小さくありません。需要にあわせて雇用調整や賃金カットなどが行いやすくなる、つまり雇用がよりフレキシブルになるのです。もっとも、BIによって「働かない」という選択肢も担保されるわけですから、人材の採用・確保には、これまで以上の努力と工夫が求められるかもしれません。

就労意欲の低下やそれに伴う社会の沈滞、治安の悪化といったデメリットも指摘され、現状は賛否両論。いずれにせよ、BIをめぐる議論はまだ始まったばかりです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...