【ヨミ】ベースアップ ベースアップ

物価の上昇や賃金相場の変動に合わせて会社の賃金テーブルを書き換え、全社員の賃金を一律に引き上げることをベースアップ、略して「ベア」と言います。ベアの引き上げ幅について労使間で交渉する場が「春闘」(春季生活闘争)。かつてベアは慣例のように行われてきましたが、現在ではデフレ経済の進行によって物価が上がらなくなっていること、企業間の業績格差が広がっていること、成果主義の賃金制度を導入する企業が増えたことなどから、春闘による業界横並びのベア要求は難しい環境にあります。
(2010/2/15掲載)

ベースアップのケーススタディ

「2010年デフレ春闘」ではベアより定昇
賃金凍結は景気の二番底を招く恐れも

賃金改定による昇給には、大きくベースアップと定期昇給(定昇)の二つがあります。労使交渉の結果によって、全体の賃金水準を一律に引き上げるのがベア。個人の年齢・勤続年数と賃金額との相関関係を表した賃金カーブに従って賃金が上がるのが定昇で、改定の額や率は各企業固有の賃金制度によって定められます。

2010年1月26日、日本経団連と連合の首脳懇談会が開かれ、10年春闘がスタートしました。前回の09年春闘では、物価上昇を背景に連合が8年ぶりの統一ベア要求を打ち出しましたが、08年秋以降の世界的経済危機のあおりで、自動車や電機などの主要労組では軒並みベアゼロ回答に終わりました。そればかりか、一部の電機大手では春闘妥結直後に定昇凍結を余儀なくされる異例の展開となりました。今春闘では、連合はベア要求を断念する代わりに定昇確保を掲げる現実路線に転換。こうした方針を受け、春闘のリード役であるトヨタ自動車労働組合も早々に5年ぶりのベア要求見送りを決めました。

しかし経団連側は賃金よりも雇用確保を優先し、定昇の凍結やカットも辞さない姿勢を打ち出しています。企業にとっては無理な賃上げをすれば、雇用者数の減少につながり、失業率の悪化を招きかねません。景気の先行きが厳しく“二番底”の懸念も高まるなか、賃上げは難しいのが現実でしょう。かといって、定昇の凍結など賃金の抑制傾向がさらに強まれば、消費は低迷し、企業収益の悪化へとつながります。さらなる賃下げ、物価の下落へと連鎖する「デフレスパイラル」に陥る心配もあります。

連合の古賀伸明会長は「給料の高い団塊世代の退職で、企業の人件費負担は下がっている。定昇は維持できるはずだ」と指摘しています。定昇維持を巡って、労使交渉は例年以上に難航するものとみられています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード