企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イファース IFRS(国際会計基準)

IFRS(International Financial Reporting Standards、国際財務報告基準)とは、民間機関の国際会計基準審議会(IASB)が世界的に承認され、遵守されることを目的として設定する会計基準の総称。各国企業の財務諸表を比較可能にするためのグローバルスタンダードであり、日本では一般にこれを「国際会計基準」と呼びます。
(2010/2/1掲載)

IFRS(国際会計基準)のケーススタディ

新会計基準の適用は人事部門に影響大
有給休暇の未消化で巨額の負債計上も

IFRSは、2005年からEU(欧州連合)で上場企業に対する強制適用が始まりました。欧州に続いて同年にオーストラリアが、07年には中国が会計基準としてIFRSを採用。ブラジルやインドなどの新興国も導入の予定で、現在100を超える国と地域がIFRSの採用あるいは自国制度との差異縮小(コンバージェンス)に向けて取り組んでいます。

日本でも2010年3月期から任意適用がスタート。早ければ、15〜16年度にも連結決算を発表している上場企業を対象に強制適用される機運が高まっています。実際に導入された場合、制度変更の波をかぶるのは経理部門、財務部門だけではありません。この新しい会計基準には、経営全般に少なからぬ影響を与える変更事項も含まれているため、経営陣から現業部門まで巻き込んだ全社的な検討・対応が求められるのです。

人事部門にも意外な影響が。IFRSでは従業員に有給休暇を与えた時点で費用として認識し、期末になって消化されずに残っていれば、全体の有休の消化率や人件費などを計算した上で、負債としてバランスシートに計上しなければなりません。日本の場合、数万人規模の企業にIFRSが適用されれば、負債と認識される未消化有休コストは100憶円超に上るともいわれます。

この有給休暇の費用計上は、未消化有給休暇の買い取り制度の有無に影響を受けません。またリフレッシュ休暇や勤続休暇といった有休に類する制度にも、同様に費用計上の義務が発生します。つまり、いくら従業員に対する福利厚生制度が充実していても、制度だけあって実際の利用が伴わなければ、負債は膨らむ一方だということです。従業員が休みをとりやすい環境や体制を整える、自社の実情にあった休暇制度を再設計するなど、働き方や福利厚生のあり方を見直す必要が出てくるかもしれません。IFRS適用で人事が果たすべき役割は決して小さくないようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

有給休暇を全て消化して退職することについて
ある職員が、有給休暇を全て取って退職したいとの申し出がありました。 有給休暇は、職員の権利なのはわかるのですが、辞める月の1ヶ月間を有給休暇として取りたいとのことです。 私としては、その要望がずるく感じ、府に落ちません。 社員の勝手だと思ってしまうのですが、受け入れるべきなのでしょうか。
季節雇用者の有給休暇について
季節雇用者を雇用してますが、有給休暇を取った時の給与に現金でお支払いしてもよいのか?
有給休暇消化率に看護・介護休暇等は算入できますか
いつも参考にさせていただいています。 有給休暇消化率を算出する際、看護・介護休暇も有給休暇と見なして消化率に算入することは可能でしょうか?また当社ではメモリアル休暇という特別休暇を通常の有給休暇付与日数に加えて1日付与しています。 このような休暇も有給休暇の消化と見なして消化率を算出しても問題ないで...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...