企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クレド クレド

クレド(Credo)とは「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、企業活動の拠り所となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言、あるいはそれを記したツールを指します。

クレドのケーススタディ

簡潔で、具体的・実践的な行動規範
現場に浸透させ、行動に落とし込む努力が必要

マネジメントの現場にクレドを導入し、コーポレートガバナンスの向上に成果をあげる企業が増えています。表現が抽象的になりがちな従来の社是・社訓の類と違い、クレドはより具体的で実践的。メッセージを掲げるだけでなく、その内容を組織全体に浸透させ、社員一人ひとりの行動に落とし込む“しくみ”を伴うのが大きな特徴です。

クレドは1943年、米国の医薬品・健康関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の3代目社長ロバート・ウッド・ジョンソンによって初めて考案されました。「我が信条」と題するその文書は、日本語にして1000字にも満たない、A4の紙1枚に収まるきわめて簡潔なものです。82年、同社の製品に何者かが毒物を混入させた「タイレノール事件」が発生した際、同社がこの「我が信条」に基づいて迅速に事態収拾を図り、消費者の信頼を守ったことから、クレドの効用は全米で広く知られるようになりました。「我が信条」の1行目には「我々の第一の責任は、すべての顧客に対するものである」と明記されていたのです。

クレドを導入している企業では、社員はトップや上司の意向に従うのではなく、クレドの示す行動規範に従って自律的に行動することが求められます。そうすることで社員の自主性やモチベーションが引き出され、仕事への誇りも醸成されるのです。クレドがどれだけ実践されているか、クレドが現場の実態に則しているか、マネジメントは検証のしくみを整え、改善へとつなげていかなければなりません。J&Jでは全従業員に対するアンケートや、クレドの浸透状況について議論する対話集会が提起的に実施されています。

なぜ、いまクレドなのか――背景に、CSRやコンプライアンスが厳しく問われているにもかかわらず、不祥事がひきもきらない日本企業の現状があることは言うまでもありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
ディレールメント
「ディレールメント」(derailment)とは、直訳すると「レール(rail)をはずれること」、転じてキャリアからの脱落要因を意味します。職務における成功者や高業績者(ハイパフォーマー)に共通の行動特性をコンピテンシーと呼ぶのに対し、ディレールメントは、そうしたハイパフォーマーゆえに陥りやすく、...
企業風土
企業風土とは、組織における共通の思考や行動様式を生み出す、その企業独特の環境や性質のことです。「風土」という言葉には、その土地の気候や地形などの条件から影響を受けて様相が形成されていくという意味合いがあるように、長い年月を経て醸成されます。

関連する記事

4.モチベーション・組織活性化研修の企画・導入のポイント 
モチベーション研修、組織活性化研修を導入する際、最大限の効果を上げるために踏まえておきたい4つのポイントを解説。
2013/01/09掲載よくわかる講座
1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考...
2013/01/09掲載よくわかる講座
2.モチベーション・組織活性化をめぐる近年の傾向 
社員のモチベーション向上が経営上の重要テーマとなっているが、多くの日本企業では「モチベーションクライシス」と呼ばれる状況が発生している。右肩上がりの成長が見込めない中、社員はモチベーションが保てず、生産性が著しく低下している。この章では、こうした日本における現...
2013/01/09掲載よくわかる講座

関連するQ&A

行動指針の浸透
お世話になっております。 会社が成長する中で、企業理念を元にして新たな行動指針を策定して、昨年全従業員に向けてWorkshopを実施して展開を図りました。その後、評価項目の中にその行動指針からの具体的な行動目標を評価の一つに組み入れました。今後さらなる浸透の仕組みを考える必要があります。 例えば、行...
企業ビジョンを行動目標にして従業員に浸透させていく際の留意点
お世話になっております。企業ビジョンを従業員に浸透させていく過程で悩みがあります。 弊社では、私の定めた企業ビジョンをもとに業務にあたることになっています。しかし、現状では企業ビジョンが浸透していないように感じます。まだ会社を立ち上げて日が浅いこともあり、社員は業務が忙しく、目の前の業務をこなすこ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...