【ヨミ】ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント

企業の知識資産を全社的に管理・共有し、新たな意思決定や行動に生かす経営手法のことで、「知識管理」「知識経営」とも訳されます。社内外の情報や社員の経験・ノウハウなどを集積、共有化し、新しい知識の創造を促します。
(2008/3/17掲載)

ナレッジマネジメントのケーススタディ

知的財産の集積・共有・活用で新たな知識を創造
個人の持つ「暗黙知」をいかに「形式知」化するかがポイント

1980年代半ばから欧米を中心に、組織には「知識」が競争材や資産として重要だという認識が広まり、ナレッジマネジメントの研究が注目されるようになりました。90年代半ばまでは、知識を蓄積・共有し、業務効率化を図ることだけに主眼が置かれていました。しかし、経営学者ピーター・ドラッカーが自身の著書『ポスト資本主義社会』(93年)で、「今や世界は知識社会に入りつつある。知識だけが新たな価値創造のための唯一意味のある資源だ」と指摘。また、一橋大学大学院の野中郁次郎名誉教授と竹内弘高教授が95年に発表した共作論文『知識創造企業』で、「個人の知識を組織的に共有し、より高次の知識を生み出す“新たな知識の創造”が必要だ」と提唱したことを契機に、今日のナレッジマネジメントを追求する動きが活発になりました。

理想的なナレッジマネジメントを実現するためのプロセスとして両氏は、「SECIモデル」と呼ばれる4段階のプロセスを提示しています。「SECIモデル」では、知識には暗黙知(明確な言葉や数字では表現しにくい、経験や勘に基づく技能・ノウハウ)と形式知(文章や図表、数字などで説明・表現できる知識。一般的な例としては、作業手順やマニュアル書)の2つがあり、それを個人・集団・組織間で、相互に絶え間なく変換・実践することで新たな知識が創造され、「知識創造スパイラル」が形成されると考えられています。

以下がSECIモデルの概念です。

■ 共同化(Socialization)
経験を共有することにより、言葉ではなく体験で暗黙知を獲得・伝達するプロセス(=体で覚える)。

■ 表出化(Externalization)
個人や組織が体得した暗黙知を共有・統合できるように言語などの形式知に変換し明確化するプロセス。

■ 連結化(Combination)
明確化した形式知を組み合わせて新たな形式知を創造するプロセス。

■ 内面化(Internalization)
得られた形式知に基づいて、個人が行動・実践を行い、新たな知識を体得するプロセス。これらが暗黙知として他者に移転して、知識創造スパイラルが形成されます。

ナレッジマネジメントを浸透させることで、個人の能力の育成や、組織全体の生産性向上、迅速な意思決定、業務改善が実現できると期待されています。ナレッジマネジメントを取り入れるには、運用しやすい仕組みづくりや環境(実践共同体)・システムの整備、社員による積極的な参加などが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード