企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フンショクケッサン 粉飾決算

会社の業績を実態よりも過大に見せたり、または過小に見せたりするため、経理内容に操作を加えた決算のことを言います。とくに利益をかさ上げして表示するケースが多く、過小に見せかける場合はこれを区別して「逆粉飾決算」と呼ぶこともあります。
(2006/6/5掲載)

粉飾決算のケーススタディ

会社の業績を実態よりも過大に見せる
経営者にとっては「麻薬」のような手段

ライブドアの粉飾決算は、株式交換による企業買収の名目で新規発行した自社株を、実質的にライブドアが支配する投資事業組合に取得させ、海外取引を駆使して秘密裏に売却したうえ、その売却収入の一部を2004年9月期の連結決算で、不正に売上に計上した疑いによるものです。

虚偽の決算を有価証券報告書に記載した場合、証券取引法違反の罪に問われ、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられますが、粉飾決算に基づいて配当した場合には、商法の違法配当罪にも問われることになります。

典型的な粉飾決算は、売上の水増しや在庫の架空計上などによって行われるもので、仕入原価がまったくかからない売上を計上するため、粉飾の効果を大きくできる半面、粗利益率が前期に比べて大きく変動してしまうことから、発見されやすい粉飾とされています。これに対して、人件費や設備投資(=減価償却費)などに手を加えるやり方は、粉飾する側も煩雑な操作を加えますから、なかなか発見されにくくなります。

いずれも、その動機としては対外的信用の維持や資金調達、あるいは経営陣の保身によるものが多く、ライブドアのケースでも企業買収を繰り返すための原資として株価を高値に維持する必要から粉飾されたと見られます。ただし、その手口は株式の売却収入をダミー法人を通してライブドアに還流させたり、海外のタックスヘブン(租税回避地)を経由するなど複雑な金融操作を伴う悪質なものでした。

過去最大の粉飾決算は日本長期信用銀行でその額は約3500億円。山一證券も簿外債務約2600億円を隠蔽し、最近では、カネボウが総額2100億円を粉飾していたとされます。

倒産・破綻時に巨額の粉飾決算が明らかになったのは、山陽特殊鋼、日本熱学、不二サッシ、リッカー、そして日本長期信用銀行や山一證券などでしたが、山陽特殊鋼を除くといずれも再建できませんでした。

粉飾が行われると証拠を隠滅して粉飾を施した決算書だけを手元に残すため、それが長期にわたって繰り返されると累積的な粉飾が誰にもわからなくなってしまいます。経営者にさえ経理の実態や会社の置かれた状況が把握できなくなるわけですから、すべてが明るみに出た時点では、再建の糸口も再建させるだけの強固な意思も残っていないことが多いのです。経営者にとっての粉飾決算とは、まさに麻薬のようなものと言えます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

証券取引等監視委員会(SESC)
証券取引及び金融先物取引の公正を図るために設けられているのが、証券取引等監視委員会(SESC)です。アメリカの証券取引委員会(SEC)がモデルとされ、「市場の番人」として期待されています。
時価総額
株価に発行株数を掛けた数字で、その会社の値打ちを表す指標として使われます。堀江貴文・前社長の逮捕で揺れたITのライブドアは「時価総額世界一」を目標に掲げて経営を行っていたと言います。
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...

関連する記事

和田秀樹さん 「見落とされている企業経営者の「心」のケア」
日本の企業では見落とされている経営者のメンタルサポートの重要性について、精神科医の和田秀樹さんが語ります。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
超難関試験を突破しても年収900万円で頭打ちに、繁忙期には3時間睡眠で数字とにらめっこの地獄!「公認会計士」のお仕事
公認会計士といえば、医師、弁護士に並ぶ超難関の国家試験を突破して手に入れる資格です。会社勤めを辞めてまで挑戦する人もあるようですが、企業会計の監査という仕事柄、一般にはあまり実態を知られていません。最近では粉飾決算の手ほどきをする人まで現れましたが、公認会計士...
2005/10/24掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
大橋禅太郎さん 企業を前進させる「マネジメント・コーチ」の可能性
IT関連企業の経営者として日米で名を馳せた大橋禅太郎さんは「問題こそが企業を前進させるパワフルなツールになる」と言います。経営陣に対するコーチングから始めれば、達成困難に思えるレベルの目標もクリアできるようになる、と。米シリコンバレーでの企業経営がピンチに陥っ...
2004/12/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。