企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/09/11

【ヨミ】ポライトネスリロン ポライトネス理論

「ポライトネス理論」とは、英単語の「ポライトネス(Politeness)」が意味する一般的な「丁寧さ」のことではなく、人間関係の距離を調整するための言語的な配慮のことをいいます。アメリカの言語学者であるペネロペ・ブラウンと、イギリスの社会科学者スティーヴン・レビンソンによって提唱されました。日本では相手に応じて、敬語や友達言葉などを使いわけますが、単に目上の人や初対面の人に失礼がないように敬語を使うのではなく、相手に対して友好的かそうでないかを暗に示すために使うこともあります。

ポライトネス理論のケーススタディ

敬語を使われると、ちょっと寂しい?
心の距離を言葉の使い分け表すポライトネス理論

敬語とは一般的に、相手を敬う気持ちから使うもの。しかし、ポライトネス理論では敬語にまつわる「あるある」が凝縮されています。例えばデート中に、それまで敬語を使っていた相手がくだけた口調に変えて距離を縮めてきたとき、自分はそれほど乗り気でなければ、かたくなに敬語を使い続けることで、相手との心理的距離が離れていることを暗に示すことができます。

ビジネスシーンでも同様です。いつも気さくに接してくれていた先輩が急に自分に対して敬語を使うようになったら、不安な気持ちになるでしょう。相手から距離を取られたように感じるかもしれません。

私たちは誰かとコミュニケーションをとるとき、「年上には敬語」「年下にはくだけた口調」といった単純な図式に当てはまらない複雑な親密性を言語に反映します。会話の場面や状況、関係性などを考慮しながら、言葉を微妙に使い分けているのです。敬語をあえて外したほうが友好さを表現でき、より親しくなれることもあります。

基本的欲求の一つに、人と人との関わりに関する「フェイス」という概念があります。これには二種類あり、他者に理解されたい、褒められたいというプラス方向の欲求は「ポジティブ・フェイス」。他者に立ち入られたくない、距離をとりたいといったマイナス方向の欲求は「ネガティブ・フェイス」と呼ばれています。これら二つのフェイスを脅かさないよう配慮するのがポライトネスです。

仲間内でしか使わないような内輪ネタやジョークは、「ポジティブ・フェイス」に基づいたコミュニケーション。一方、ビジネスや初対面のシーンで敬語が常識となっているのは、互いの立場や距離を侵害しないようにする「ネガティブ・フェイス」への配慮なのです。言葉の使い分けは、人との親密性に影響します。日常生活はもちろん、ビジネスシーンにおいても言葉が持つ効果について考え、意識的に使い分けてみるといいかもしれません。

・参考
ポライトネス理論と対人コミュニケーション研究(国際交流基金)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)
アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...
パーソナルスペース
「パーソナルスペース」とは心理的な安全地帯で、他人に侵食されると不快に感じる空間のことをいいます。パーソナルスペースの広さには個人差があり、また対象との関係性や心理状態によっても変化します。一般的に、家族や恋人といった親密な相手ほどパーソナルスペースは狭くなり、面識がないまたは関係性の良くない相手と...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
藤原和博さん 出会いに「!」を演出して「自分ネットワーク」をつくる
信頼できる人とのネットワークはどうしたらできるでしょうか。その具体的な方法について、リクルートのトップセールスマンから杉並区立和田中学校の校長に転身、自ら教壇に立って子供たちに〔よのなか〕科を実践する藤原和博さんにうかがいます。
2004/11/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

ビジネス敬語について
いつもお世話になっております。 たいした質問でなくて申し訳ないのですが、ビジネス敬語の使い方で、 『山田部長 殿』や 『山田部長 様』 といった2重敬語を 使うことがありますが、どちらが正しいのでしょうか? 一般的には『山田部長殿』だと思うのですが『殿』は目下の人に使うといった意見もあって、迷って...
言葉の定義・使い分けについて
お忙しい中恐れ入ります。 海外に社員を派遣する場合の言葉の使い分けについて教えてください。 「派遣」 「出向」 「赴任」 「駐在」 こちらのことばの4つのどれが適切であるか悩んでおります。 基本的に社命であり重くうけとってもらうにどの言葉がふさわしいのかご教授ください。 そもそも言葉を使い分ける必...
社用車の走行距離制限を設けるべきか
当社では一般的に社用車による営業活動が行われていますが、一日当たりの 走行距離制限は特に設けていません。 よって、社員によっては一日当たり500キロ以上の距離を走る者もいます。 電車で行くより経費が安く済み、移動もスムーズというのが理由なのですが 安全上どうなのかと疑問に思っていました。 先日、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...