無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】キャリア アダプタビリティ キャリア・アダプタビリティ

「キャリア・アダプタビリティ」とは、個人のキャリアにおいて、変化の必要性が生じたときにその変化を受け入れ、適応できる能力のことをいいます。キャリア研究の第一人者であるドナルド・E・スーパーによって提唱され、その後マーク・L・サビカスが発展させた概念です。マーク・L・サビカスは「キャリア構築理論」を唱え、そのなかの重要概念の一つとしてキャリア・アダプタビリティを挙げています。

キャリア・アダプタビリティのケーススタディ

何が起こるかわからない変化の時代に求められる
キャリア・アダプタビリティによる「不確実性への耐性」

キャリア・アダプタビリティは、自分のキャリアに関心を持ち(Concern)、コントロールでき(Control)、探求する好奇心を持ち(Curiosity)、自信を持つ(Confidence)という四つの次元から構成されています。

現在、フリーランスやパラレルワーカー、副業人材などが増え、私たちの働き方は多様化しています。ランサーズの「フリーランス実態調査」によると、広義のフリーランス(業務委託で所得を得ている人)の推計経済規模は2018年に初めて20兆円を超え、日本の総給与支払額の10%を占めるといいます。また、広義のフリーランス人口は2015年の913万人から、2020年には1034万人と100万人以上増えています。

「大企業に入れば、一生安泰」という時代は終わりつつあります。日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長や、トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用の限界」を訴え、新卒一括採用を含めた日本型雇用システムの見直しが叫ばれている今、会社員であっても変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく力、つまり「キャリア・アダプタビリティ」が求められています。

類似の考え方に「プロティアン・キャリア」があります。変化に応じて変幻自在にキャリアを適応させていくという概念です。「適応」と聞くと外的要因に自分を合わせていく受け身な印象を持つかもしれませんが、キャリア・アダプタビリティやプロティアン・キャリアは必ずしも受け身な姿勢ではなく、主体性や自己肯定感・自己効力感に基づいています。何が起こるかわからない混沌(こんとん)とした世の中でも、不確実なものに耐性があり、不確実性を受け入れるオープンさが根底にある上での「適応」なのです。

終身雇用におけるキャリア開発は、個人ではなく組織が考えるものでした。しかしこれからは、自分でキャリアをデザインしていかなければいけません。「キャリアの成功」が指すものを、大企業に就職したり組織の中で昇進したりすることだけでなく、「自分にとっての成功は何か」という視点で自分自身が定義することが重要です。また、継続的に学習することで、キャリアを刷新し続けていく姿勢も求められています。

・関連キーワード
プロティアン・キャリア

・参考
フリーランス実態調査 2018年版を発表(ランサーズ)
「ランサーズ フリーランス実態調査(2020年度)」詳細版を公開いたします(ランサーズ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード