企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ラポール ラポール

「ラポール」とは関係性の状態を表す心理学用語で、互いを信頼し合い、無意識に感情の交流が自由にできるほど心理的安全性がある状態のことを指します。フランス語の「rapport」が語源で「架け橋」などの意味を持ちます。もとはセラピストとクライアントの関係性を表す言葉でしたが、現在はさらに広く人間関係を表す用語として使われています。また、深いラポールを目指し信頼関係を築こうとすることを「ラポール形成」や「ラポール・マネジメント」といいます。

ラポールのケーススタディ

表情、視線、仕草、声のトーン
ラポール形成の鍵を握るのは「非言語」

誰かに好感を抱くとき、その理由を説明できますか。例えば、「コミュニケーションが心地いい」といったところでしょうか。それでは、「コミュニケーション」と聞いて、どのような行為をイメージしますか。その人との会話で「何を話したか」でしょうか。

情報の交換や意思疎通を図るとき、言葉はとても重要です。しかし、「目は口ほどに物を言う」ということわざにもあるように、ラポール形成においては、言葉以外の要素も大きく作用します。コミュニケーションは「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」に分けられますが、表情や視線、話すペース、ジェスチャーといった非言語情報がラポール形成には深く関わっており、「何を話したか」と同様に「どう話したか」もまた、重要なのです。

ラポール形成を意識的に行うためにさまざまな手法がありますが、代表的なものは「ペーシング」と呼ばれる、相手の言語・非言語に合わせる手法です。なかでも有名なのが「ミラーリング」。相手の動作と自分の動作を、意図的に合わせることです。

人が話す様子を見ていると、表情はもちろん、仕草の癖や呼吸の仕方、脚の組み方など、いろいろな特徴があることに気付きます。似たような動きをすることで、自分と似た存在であることを相手の無意識に働きかけることができるのです。それ以外にも、相づちの有無がラポール形成に大きく関与することもわかっています。

例えば、採用面接。採用したい優秀な人材に出会ったとき、採用担当者は非常に限られた時間のうちにその人との信頼関係を築かなければなりません。そのようなシーンでは「何を話したか」に加えて、無意識のうちに心地よさを感じてもらうために「どう話したか」という非言語的なふるまいにも注意を向けるとよいでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ノンバーバル・コミュニケーション
「ノンバーバル・コミュニケーション」(non-verbal communication)とは、言葉によらない、非言語コミュニケーションのことです。会話や文字など言語を介した通常のコミュニケーションの手法をバーバル・コミュニケーションと呼ぶのに対して、ジェスチャーや態度、表情など言語以外の要素によるメ...
ポライトネス理論
「ポライトネス理論」とは、英単語の「ポライトネス(Politeness)」が意味する一般的な「丁寧さ」のことではなく、人間関係の距離を調整するための言語的な配慮のことをいいます。アメリカの言語学者であるペネロペ・ブラウンと、イギリスの社会科学者スティーヴン・レビンソンによって提唱されました。日本では...
インナーコミュニケーション
「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計...

関連する記事

1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
5. コミュニケーション研修の企画・導入のポイント
コミュニケーション研修を企画・導入する際、より効果を高めるためのポイントを整理。課題と目的を受講者と共有する。導入した研修を常に改善する。外部の専門家を活用する。ここにあげた注意点をもとに、研修内容をチェックするといいだろう。
2012/11/29掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」 第一回 「採用力」の時代
近年少子化の進展も相まって、企業にとって「採用」は経営の最重要課題となってきた。人事部には、まさに「採用力」が問われているわけである。空前の「採用難」を乗り切るために、どう対応していけばいいのか? 「新卒採用」にポイントを絞り、具体的な話を進めていく。
2007/03/05掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

効果的な母集団形成を行いたい
母集団がなかなか形成できずに困っています。ツールとしては就職情報サイトへの掲載とWebDMによる説明会の案内を行っています。何か別の手法で母集団形成を行っておられる方がおられましたらお知恵を拝借できれば幸いです。
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...