無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】シュウカツセクハラ 就活セクハラ

「就活セクハラ」とは、就職活動生と社会人という立場の差を利用して行われるセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)のことをいいます。OB・OGや面接官が加害者となるケースが多く、女性に限らず、男性も被害を受けることがあります。日本労働組合総連合会(連合)の調査によると、就職活動中にセクハラを受けた人の割合は全体の10.5%で、特に高かった20代男性では21.1%がセクハラを「受けたことがある」と回答。企業には、従業員の行動がセクハラにつながることのないよう、指導することが求められています。

就活セクハラのケーススタディ

「雇用」という明確な利害関係においては
学生に自衛を求めるより、加害者撲滅への働きかけを

2019年3月、OB訪問に来た女子大学生を泥酔させ性的暴行を加えたとして、準強制性交などの罪で大手企業の男性社員が逮捕される事件がありました。これを機に、就活生という弱い立場につけこんで性犯罪やハラスメントに及ぶ不正行為が問題視されるようになりました。

連合の「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」によると、就活セクハラの内容は「性的な冗談やからかい」が39.8%と最も高く、「性的な事実関係(性体験など)の質問」が23.9%、「食事やデートへの執拗な誘い」が20.5%と続きます。

男女別で見ると、女性では「必要ない身体への接触(22.0%)」が際立っています。10年から30年前に就職活動を行ったと考えられる30代~50代の男女も、一定数が就活セクハラを「受けたことがある」と回答しているため、就活セクハラは昔からあった悪しき存在であることがわかります。

また、最近は民間企業だけでなく、教職課程の学生の教育実習先でのセクハラも問題視されています。

現在は、SNSなどで個人が情報を発信できる時代。被害者側が声をあげる機会は以前と比べて増えていますが、「雇用」という明確な利害が関わっている就職活動のシーンにおいて、どれほどの求職者が声を上げられるでしょうか。就活セクハラをなくすためには、加害側への働きかけが必須です。

従業員に対してハラスメント研修などを行っている企業もありますが、すべての受講者が自分事として捉えられているでしょうか。OB・OG訪問に対応する従業員は、就活生と社外で会うことも多く、指導や管理が行き届かない側面もあるかもしれません。

従業員への教育は引き続き行っていかなければならない課題ですが、例えば「OB・OG訪問の部屋をオープンスペースに限定する」「LINEなどの個人的な連絡先を聞くことを禁止する」など、企業にはセクハラ防止のために何ができるのかを考え、実践していくことが求められています。

・参考
仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019(日本労働組合総連合会)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
セクハラ防止規定(モデル規定)

セクハラについては男女雇用機会均等法の第11条(職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置)の第1項で規定されています。その中で就業規則に不可欠な内容は以下の2点です。
・就業規則の服務規律に、セクハラの内容、あってはならない旨の方針の明確化
・就業規則に、セクシュアルハラスメントの行為者に対する懲戒規定を掲載
ここではセクハラ防止に関するモデル規定をご用意しました。自社に合わせてカスタマイズしてください。

ダウンロード

関連するキーワード