無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】カーブアウト カーブアウト

Carve out。「切り出す」「分割する」という意味の英語。大企業や中堅企業が埋もれた技術や人材を新会社に移して、ファンドなど外部の投資を呼び込み、その事業価値を高めることです。
(2005/10/31掲載)

カーブアウトのケーススタディ

企業が事業の一部を切り出し
外部資金を投入して成長を加速させる

大企業や中堅企業の中には「選択と集中」を推進した結果、資金を投じて開発した技術が日の目を見ずに眠っているケースが少なくありません。諸般の事情から自社で事業化できないビジネスモデルもあります。これらを技術者や担当者と一緒にいったん社外の独立した組織に移し、親元の企業が一定の出資・支援を続ける一方、ファンドなど第三者の出資も仰ぎ、新たな事業として育成するのがカーブアウトです。

過去の事例を挙げると、流通最大手のセブン−イレブン・シャパンは、そもそも1973年にイトーヨーカ堂がヨークイレブンを設立、当時イトーヨーカ堂の営業部長だった鈴木敏文氏らのグループがカーブアウトしたものです。またエヌ・ティ・ティ・ドコモも1991年にNTTが移動通信業務を分離する政府方針に基づいてカーブアウトさせた企業です。最近では2004年にソニーと韓国のサムソン電子が共同でカーブアウト会社を設立、大型テレビ向けの液晶ディスプレイパネルの生産を行っています。

米国では研究者が企業から飛び出して独立する「スピンアウト」が主流ですが、日本ではそうした起業家を支援する仕組みがほとんど整っておらず、また失敗後の再スタートも厳しいため、数は多くないのが現状です。その点、カーブアウトは資金調達や仕入れの開拓、人材・知財の面で親会社の支援が得やすいメリットがあり、親会社にとっても将来、カーブアウト会社を自社のコア事業に取り込むことも可能になります。

2010年までに上場企業450社、8万人のエンジニアがカーブアウトに関わるとの予測もあり、支援ファンドも相次いで創設されています。たとえば大手商社の三菱商事は今年4月、日本政策投資銀行と総額150億円の「イノベーションカーブアウトファンド」を立ち上げ、ハイテクメーカーなどに5年間で3億〜30億円を投資する予定です。総合電機大手の日立製作所も5月、中小企業基盤整備機構と20億円ずつ出資してファンドを設立しました。専門のコーディネーターの育成、親会社との知的財産権の明確化、転籍する社員の処遇問題などがこれからの課題と言えそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「カーブアウト」に関する記事

「カーブアウト」に関する書式・テンプレート