【ヨミ】ウーダループ OODAループ

「OODAループ」とは、見通しの立たない状況において目標達成をするための意思決定方法です。アメリカ合衆国の戦闘機操縦士であり、軍事戦略家でもあるジョン・ボイド氏が提唱しました。「OODA(ウーダ)」は、「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の頭文字を取ったもの。想定外の状況や先の読めない環境において、特に力を発揮します。最も有名な業務改善のフレームワーク「PDCAサイクル」に代わる手法として、近年注目されています。

OODAループのケーススタディ

不確実で変数の多い環境において
力を発揮するOODAループ

OODAループの提唱者であるジョン・ボイド氏は、19歳で軍に入隊し、朝鮮戦争などで戦った人物。ジェット戦闘機「F-86」のパイロットとして22回の戦闘に出ています。刻一刻と状況が変わる戦場。一瞬の迷いや判断の遅れが、命の明暗を分けます。ボイド氏自身が経験した航空戦での洞察を基に、指揮官のあるべき意思決定プロセスを理論化したのがOODAループ。戦場での経験から生まれただけあり、機動性に優れていることが特長です。

それでは、PDCAとOODAにはどのような違いがあるのでしょうか。PDCAは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(検証))「Act(改善)」の頭文字をとったもの。かつてのビジネスシーンでは、経験や勘に頼った非合理的な意思決定や、無計画な実行がありました。そのような時代に、PDCAは計画を立てることの重要性と、確実に実行に移すためのプロセスを世の中に浸透させました。PDCAのなかでも、「Plan(計画)」が全ての中核を担うため、最も重要なフェーズだと言われています。Planの段階で方向性を誤ってしまえば、それ以降のフェーズで巻き返すことは難しくなります。

そういう意味で、PDCAは「予想外の事態に弱い」という弱点がありました。不確実で変数の多い現代においては、Planをもっと綿密に行うべきなのです。一方、OODAは、意思決定を下す前に「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」という二つの段階が設けられています。あらゆる情報を収集し、データを分析・整理しながら仮説を立てるのです。OODAは状況判断の精度を高めることに重きを置いているため、ニーズに対する整合性が増し、柔軟な判断が求められる現代に向いていると考えることができるでしょう。

しかし、PDCAとOODAでは、それぞれが力を発揮するシーンはまったく異なるため、単純に比較して優劣をつけることはできません。制約や前提条件がある環境下や業種によっては、PDCAは有効なフレームワークです。PDCAサイクルをいくら回してもプロジェクトが上手くいかないなどの課題があれば、OODAループを取り入れるなど、状況に応じて使いわけてみてはいかがでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード