企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インナーコミュニケーション インナーコミュニケーション

「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計するべきものという考え方が浸透してきました。理念浸透、業績拡大、労働環境改善といったあらゆる観点において、インナーコミュニケーションは重要なファクターであると考えられています。

インナーコミュニケーションのケーススタディ

インナーコミュニケーション不足の原因はどこにあるのかを見極める

従業員から愛社精神が感じられず、離職率が下がらない。リファラル採用を呼びかけようにも、従業員自身が企業のビジョンを語れない……。インナーコミュニケーション不足は、さまざまな場面に悪影響を及ぼします。

インナーコミュニケーション不足の原因とは何なのでしょうか。また、解決するためにはどのように対応すればいいのでしょうか。組織によってその要因はさまざまですが、例えば事業部ごとに空間が分断されている場合は、誰でも使えるオープンスペースを用意するといいでしょう。開かれた空間を作ることで、上司と部下の打ち合わせだけでなく、他部署との交流やレクリエーションなども行われるようになり、新たなコミュニケーションが生まれるかもしれません。

全国に拠点がある企業やサテライトオフィスを持つ企業の場合、物理的要因からコミュニケーションがとりにくくなっている可能性があります。そのような場合、社内SNSやチャットツールを導入すれば、場所にとらわれないコミュニケーションが可能になるでしょう。

同じオフィスで働いているのに、人間関係による心理的ハードルが邪魔をして、コミュニケーションを阻害しているケースもあります。このような場合は、1on1ミーティングや部署外メンター制度などを導入することで、年齢や役職にかかわらず従業員の声を聞く姿勢を示します。従業員が意見を言えなくなっている原因がどこにあるのかを探り、場合によってはハラスメント対策を行う必要もあるでしょう。

社内のコミュニケーションを活性化することは、単に情報が流通するだけでなく、組織としての一体感を高め、エンゲージメントを向上させます。どのような状態を目指して、インナーコミュニケーションを活性化させるのか。それによって取るべき手段は変わってきます。一朝一夕では変わらないからこそ、本質的な課題に向き合い、地道に取り組む姿勢が大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

クライシス・コミュニケーション
「クライシス・コミュニケーション」(Crisis Communication)とは、非常事態の発生によって企業が危機的状況に直面した場合に、その被害を最小限に抑えるために行う、情報開示を基本としたコミュニケーション活動のことです。リスクマネジメントの一環として、事実関係や実施する危機管理対策の内容...
社内SNS
「社内SNS」とは、会社内や組織内で、複数人で使われるコミュニケーションツールのこと。SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略語です。メールと違って気軽に情報を発信できるのでハードルが低く、迅速に情報を交換できる、というメリットがあります。社内コミュニケーションの活性化のほか、社員が個々に持つ...
ダイアローグ
一般に「対話、対談」と訳されますが、人材育成や組織開発の分野で用いられる「ダイアローグ」(dialogue)とは、たんなる情報のやりとりではなく、話し手と聞き手とが理解を深めながら、互いに共感や意識・行動の変化を引き出し合う創造的なコミュニケーションのあり方を指します。近年、組織における学びや創造...

関連する記事

5. コミュニケーション研修の企画・導入のポイント
コミュニケーション研修を企画・導入する際、より効果を高めるためのポイントを整理。課題と目的を受講者と共有する。導入した研修を常に改善する。外部の専門家を活用する。ここにあげた注意点をもとに、研修内容をチェックするといいだろう。
2012/11/29掲載よくわかる講座
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

社内行事(社内コミュニケーション活性化) 
社内行事についてご質問します 社内でモラールサーベイを実施しました その結果、社内のコミュニケーションが薄く社内行事が不足との結果になりました 指摘のように、訓示会、方針発表会、忘年会は実施していますが、その他の行事は実施していません コミュニケーションを活性化するための社内行事にはどのような...
社内呼称について
こんにちは、社内の呼称について教えてください。 弊社は現在、設立7年、63人の社員を持つOA機器の販売会社です。先日、社内アンケートを実施したところ、意思疎通、コミュニケーションに問題点が見えてきました。それに伴い、社内の呼称を「役職名→~さん」にしようかと考えています。 有名企業で社長や部長関...
社内貸付金制度について
社内貸付金を行う際に、貸付利息というのは どのくらいに設定するのがいいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...