企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キショウビョウ 気象病

「気象病」とは、気象の変化によって症状が出現する疾患などの総称です。気圧、気温、湿度などの変化に心身がうまく対応しきれないことで症状が出現すると考えられています。頭痛、腹痛、肩こり、うつ病、関節炎、めまい、古傷の痛みなど、症状はさまざま。気圧が急激に下がったときに不調を訴える人が多くいますが、気圧が上がるときに不調が出る人もいます。気象の変化により自律神経が活性化し、交感神経と副交感神経の調整がうまくいかずに症状としてあらわれます。(2019/9/13掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気象病のケーススタディ

日本人の1000万人が気象病?
多様な働き方で、気象病患者に配慮を

「頭が痛くなってきたので、もうすぐ雨が降るかもしれない……」と、自分の体調を天気予報がわりにしている人はいませんか。体調の変化によって、これからの天気を察知できる人は、気象病かもしれません。実際、そのような体内レーダーを持つ人は多く、日本人の約1000万人が気象病であるという推計もあります(愛知医科大学学際的痛みセンター・佐藤純医師による推計)。

単純計算で日本人の12人に1人が悩んでいる気象病。まだわかっていないことも多いのですが、最近では「内耳」に原因があることがわかってきました。気圧が急に変化すると、耳に外圧を感じます。飛行機やエレベーターの中で耳が痛んだ経験のある人も多いでしょう。気圧の変化を感じた内耳が脳に指令を出し、自律神経に影響を及ぼしているのです。気象病による症状を軽減するためには、耳の血行を良くするマッサージが有効。また、抗めまい薬や酔い止め薬も内耳の状態を整える作用があります。

気象による体調の変化に悩んでいる人が多いにもかかわらず、気象病は軽視されています。これも一つの生理現象のはずなのに、女性の生理休暇のような公的休暇は整備されていない企業がほとんど。休暇制度を整備するまではいかなくても、企業はいろいろな形で配慮ができるはずです。例えば、リモートワークや在宅勤務制度。有給休暇の取得率を上げることも、間接的に気象病患者の休みやすさにつながるかもしれません。

原因がはっきりとしている病気とは違い、気象病は実体がないため、「甘え」のようにとらえられがちです。しかし、気象病は、心臓発作や脳卒中などのきっかけになることもあります。職場のウェルビーイングが議論されている昨今、産休や育休だけにとどまらず、個々の事情を尊重した働き方が求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
正月病
「正月病」は正式な病名ではありませんが、年末年始の長期休暇明けに気分が落ち込み、無気力状態に陥ることをいいます。イベントごとが続く年末年始は生活リズムを失いやすく、秋から冬にかけて冬季うつ病のような症状が発生することがあります。正月病は生活リズムを取り戻して数日もすれば元に戻りますが、冬季うつ病の場...

関連する記事

「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
私傷病により通院する労働者のための 「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介します。
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...