人事辞典 掲載日:2019/08/22

【ヨミ】エーアール ブイアール AR・VR

「AR」はAugmented Realityの略で「拡張現実」と訳され、実在する風景にデジタルによって作られたバーチャル情報を重ねて表示し、人間の現実認識を拡張する技術のことをいいます。また、「VR」はVirtual Realityの略で「仮想現実」と訳され、ヘッドマウントディスプレイなどの装置を身に付け、その場にいるような現実に近い仮想空間を表現する技術のことをいいます。近年はARやVRを人材採用や人材育成に活用する企業が増えており、注目を集めています。

AR・VRのケーススタディ

VRによって得られる「当事者意識」
採用や教育の場に新たな技術を

スマートフォンの普及と技術の向上によって、ARは私たちに身近な技術となりました。日本におけるARは、『ポケモンGO』や『SNOW』といったアプリによって大きな広がりを見せましたが、ゲームや娯楽用途以外にも医療、建設、運輸などの産業で活用されています。また、VRを含めた世界の市場規模は、2018年の89億ドルから2023年には1606.5億ドル規模に成長すると予測されています(IDC Japanより)。

近年は、企業人事によるARやVRの活用も進んでいます。例えば、人材採用。VR映像を使うことで臨場感のある情報を求職者に伝えることができるほか、ビデオチャットとVR技術をかけ合わせれば、面接官と求職者が同じ空間にいるかのような面接を実現することもできます。

地方大学に通う学生が都市部で就職活動を行う場合、説明会や面接で何度も現地に足を運ぶことになります。交通費や宿泊費の負担が大きく、場合によっては説明会や面接を見送ることもあるかもしれません。企業が採用でVRを活用すれば、このような問題を解決することにもつながり、より多くの学生との出会いが期待できるでしょう。

採用だけでなく、人材育成や研修にもAR・VRは有効です。その特長は、テレビやパソコンのスクリーンなどでは得ることが困難な「当事者意識」から学べること。例えば医療や建設現場で、実際にどのような作業を行っているのかを一人称視点で学ぶことができます。

教育の現場では、東京大学が2018年2月に連携研究機構「バーチャルリアリティ教育研究センター」を設置し、活動を進めています。今後も産学連携で研究が進められ、数年後にはますます多くのシーンでAR・VRの技術が活用されるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード